1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

日本シングルマザー支援協会、グラミン日本・SAPジャパンと共に「ソーシャル・リクルーティング・プラットフォーム」の運用開始

PR TIMES / 2021年9月14日 14時15分

~シングルマザーの自立に向けた雇用機会の拡大を促進~

 一般社団法人日本シングルマザー支援協会(本社:神奈川県横浜市、代表理事:江成 道子、以下「日本シングルマザー支援協会」)は、一般社団法人 グラミン日本(本社:東京都中央区、理事長:百野 公裕、以下「グラミン日本」)、SAPジャパン株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:鈴木洋史、以下 SAPジャパン)と共に、デジタルプラットフォームである「ソーシャル・リクルーティング・プラットフォーム」を活用してシングルマザーの雇用のニーズをマッチングさせることにより就労支援を拡大する取り組みを開始しました。



[画像: https://prtimes.jp/i/52947/29/resize/d52947-29-b52565a152935d47da73-0.png ]

シングルマザーの経済問題が就労マッチングにおけるテクノロジー化も進んでいますが、支援を必要としている当事者には情報が届かない、伴走する実行者がいないとう状況から、システムを活用しきれない、就職できても定着しづらいという課題がありました。
そこで、開発・運用・実行それぞれの役割を三者で取り組むことで、これらの課題を解決し、シングルマザーの雇用機会を拡大・加速させて、自立の支援に取り組みます。そのスタートとして、日本シングルマザー支援協会は、SAPジャパンが開発し、グラミン日本が運用する「ソーシャル・リクルーティング・プラットフォーム」の運用を開始します。


■各社、各団体の役割

[表: https://prtimes.jp/data/corp/52947/table/29_1_8d1434bd7f53e9e27f24b4ba4accdb6b.jpg ]



日本シングルマザー支援協会について
女性が子どもを育てながら働きやすい社会を目指し、2013年に設立。
就職・転職がうまくいく「年収アップ」の支援、仲間が増える「コミュニティ」、
人間関係が円滑になる「コミュニケーション力」を提供しています。
それを体系化し「M E S(ミーズ)」というシステムの元、女性の経済的、精神的自立を支援しています。
会員数:7,500名(2021年1月時点)
事業内容:シングルマザー自立支援、女性起業支援、企業コンサルティング、研修事業、行政受託事業、地方移住支援

一般社団法人グラミン日本について
貧困層に無担保で小口融資を行うグラミン銀行の日本版として2018年設立。「貧困のない、誰もが活き活きと生きられる社会へ」をビジョンに掲げ、貧困や生活困窮の状態にある方々に低利・無担保で少額の融資を行い、こうした方々が起業や就労によって貧困や生活困窮から脱却し自立するのを支援するマイクロファイナンス機関。
これまでの金融ではカバーされなかった人たち、たとえば働く意欲はあっても今は生活が苦しい母子家庭や若者に、生活資金ではなく、「起業や就労の準備のためのお金」を融資します。グラミン日本は、働く場所があるということが真の意味で人を貧しさから救う、そして融資資金はそのための種(シード)になると考えています。

SAPジャパン株式会社について
SAP ジャパンは、SAP SE の日本法人として 1992 年に設立されました。SAP の戦略は、あらゆる企業がインテリジェントエンタープライズになるよう支援することです。世界中の商取引売上の 77%は何らかのSAP システムを経由しており、エンタープライズ・アプリケーション・ソフトウェア市場のリーダーとして、あらゆる業種・規模の企業の成功を支えています。SAP のマシンラーニング、IoT、高度なアナリティクスの技術により、従業員がより価値の高い成果に集中できる企業のあり方である「インテリジェントエンタープライズ」へとすべての企業が変革できるよう支援することを戦略に掲げています。さらに、人々や組織が的確なビジネス判断を行うための洞察力を深めるサポートをし、高い競争優位性を実現するための協業を促進しています。よりシンプルになった SAP の技術により、企業はボトルネックにわずらわされずに目的に沿ってソフトウェアを最大限に活用できるようになります。SAP のエンド・ツー・エンドのアプリケーションスイートとサービスは、世界 25 業種における企業および公共事業のお客様が利用し、ビジネスにおいて利益を上げ、絶え間ない変化に適応し、市場における差別化を実現するサポートをしています。お客様、パートナー、社員、ソートリーダーなどの
グローバルネットワークを通して、SAPは世界をより良くし人々の生活を向上させることに貢献しています。( www.sap.com/japan )

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング