セント レジス ホテル 大阪  総支配人に 豊富なホテル開業経験を持ち数々の賞を受賞した アラン リゴデンが就任

PR TIMES / 2012年8月20日 10時27分



セント レジス ホテル 大阪(運営:スターウッドホテル&リゾート)では、2012年8月20日付けにて、
総支配人にアラン リゴデン(Alain Rigodin)が就任いたしますのでお知らせいたします。


アラン リゴデンは、インドネシア、スリランカ、マレーシア、台湾、ベトナム、韓国をはじめ、世界各国のホテルにて要職を歴任し活躍の場を広めて参りました。ホテリエとして25年以上の経験を誇り、ベトナム、韓国のグループホテル開業に際しては、総支配人として手腕を発揮し、開業後まもなくベストビジネスホテルに導くなど、ホテルの発展に力を注いで参りました。

国際感覚豊かな視点とスターウッドホテル&リゾートでの11年間の経験をもとに、セント レジス ホテル 大阪をさらなるラグジュアリーホテルに導く事を期待されております。
100年以上続いているセント レジスブランドの伝統を受け継ぎ、豊かな文化が織りなす国際都市大阪にて、最上級のサービスを提供するホテルを追求して行くと意欲を語っています。

本年10月1日に開業2周年を迎えるセント レジス ホテル 大阪は、開業以来追求してまいりました
セント レジスのシグネチャーサービスであるバトラーサービスをはじめとするきめ細やかなおもてなしと、ブランドが誇る伝統を受け継ぎながら、さらなるサービスの品質とブランド価値の向上に努めて参ります。


【プロフィール】
アラン リゴデン (Alain Rigodin)  セント レジス ホテル 大阪 総支配人
生年月日:1962年5月12日
国  籍:フランス
言  語:フランス語、英語、インドネシア語

<略歴>
2008 ~2012  Sheraton Incheon Hotel(韓国) 2009年8月開業   総支配人
2003 ~2008  Sheraton Hanoi Hotel(ベトナム) 2004年3月開業   総支配人
2001 ~2003  Sheraton Imperial Kuala Lumpur (マレーシア) ホテルマネージャー
1999 ~2001  Cable Beach Intercontinental Resort (オーストラリア) レジデントマネージャー
1996 ~1999  Imperial Intercontinental Hotel Taipei (台湾)    料飲部長
1995 ~1996  Ceylon Intercontinental Hotel Colombo (スリランカ)    総料理長
1993 ~1995  Bali Intercontinental Hotel & Resort(インドネシア)   
1989 ~1993  Borobudur Intercontinental Hotel Jakarta(インドネシア)
1986 ~1989  Okoume Palace Intercontinental Libreville (ガボン)

【Sheraton Incheon Hotelでの受賞歴(一例)】
LEED (Leadership in Energy and Environmental Design) certified by USGBC
Best Business Hotel in Korea by Business Destination 2010 - 2011
Asia’s Leading New Hotel by World Travel Award 2010 - 2011
South Korea’s Leading Business Hotel by World Travel Award 2011
Asia’s Leading Green Hotel by World Travel Award 2011
Korea’s Green Hotel by Korea Times 2011


企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング