ナショナル ジオグラフィック チャンネル 日米桜寄贈100周年「エリザ・シドモア」写真展 開催 ランドマークプラザ(横浜)にて、3月31日(土)~4月8日(日)

PR TIMES / 2012年3月16日 16時18分



ドキュメンタリー専門のナショナル ジオグラフィック チャンネル(以下ナショジオ、運営:FOXインターナショナル・チャンネルズ株式会社、本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:小泉喜嗣)は、日米桜寄贈事業に貢献した女性記者、エリザ・シドモアが約100年前に日本で撮影した写真でナショナル ジオグラフィック協会が所蔵する写真27点を、「ナショナル ジオグラフィック チャンネル 日米桜寄贈100周年「エリザ・シドモア」写真展」としてランドマークプラザ(横浜)にて展示いたします。尚、本写真展は、外務省の日米桜寄贈100周年事業の一つとして開催されます。

エリザ・シドモアは世界を旅しながら、「ナショナル ジオグラフィック」誌に各地の記事を寄稿していたジャーナリストです。
日本には、1884年27歳の時に来日し、日本の美しさ、特に春咲き誇る桜に魅せられました。彼女はワシントンD.C.のポトマック河畔を、愛する日本の桜で彩りたいと願い、その後約25年もの間、ワシントンの公的機関に陳情を重ね、日米桜寄贈事業を実現に導きました。それが今から100年前、1912年3月にワシントンに到着した3000本の桜です。また、シドモアは、当時「ナショナル ジオグラフィック」誌の記事の中で、日本の美しさ、日本国民の礼儀深さを称賛し、また、1896年6月に三陸地方を襲った津波にも触れています。今日世界中で定着した「TSUNAMI(津波)」という言葉を西洋社会に初めて伝えたのが彼女だという事実も、日本との深い繋がりを感じさせるエピソードです。
日米桜寄贈事業100周年となる今回、日本を世界に向けて紹介し、日米友好の橋として活躍したシドモアが撮影した、本邦初公開を含む100年前の日本の写真27点を展示いたします。また、日米桜寄贈事業の歴史背景、シドモアの功績の数々等をパネルにて展示いたします。
開催日初日には、写真展PRサポーターで、今夏公開予定のシドモアの半生を取り上げた映画「サムライガール!エリザ・シドモア」(仮)で初監督デビューをする、歌手の白井貴子さんをお招きし、オープニング式典を行います。
シドモアが賞賛した「日本人が世界に誇れる日本」の世界観を、当時の写真を通じて感じて頂ければ幸いです。

ナショジオは今後も放送、イベントを通して、皆様の知的好奇心を刺激するような企画を実施していく所存です。
どうぞご期待ください。

■ナショナル ジオグラフィック チャンネル 日米桜寄贈100周年「エリザ・シドモア」写真展
日時:3月31日(土)~4月8日(日) 7:00~24:00(ランドマークプラザ開館時間)※最終日4月8日のみ21時30分まで
場所:ランドマークプラザ 1Fフェスティバルスクエア
主催:FOXインターナショナル・チャンネルズ株式会社
協賛:第一三共株式会社
後援:外務省・横浜市・横浜日米協会
協力:三菱地所株式会社・シドモア桜の会
オープニング式典出演者:写真展PRサポーター 白井貴子さん(歌手)、来賓ゲスト(横浜市関係者)

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング