「コカ・コーラ 復興支援基金」 2012コカ・コーラホームステイ研修プログラム いよいよ稼動

PR TIMES / 2012年7月12日 20時4分

「コカ・コーラ 復興支援基金」は、岩手県・宮城県・福島県の被災地の高校生、中学生を対象に、英語圏のホームステイ機会を提供し、プログラム参加者が国際社会において求められる、他国の文化社会を理解する力を身に付けることを支援する『2012コカ・コーラホームステイ研修プログラム』をこの夏、展開いたします。

高校生対象のプログラムは、日米両国政府と米日カウンシルが主導する「TOMODACHI」にコカ・コーラ 復興支援基金が賛同し実施する米国派遣プログラムで2012年から2014年までの3年間にわたり、計180名(各年60名)への提供をいたします。今年度の参加高校生60名は、7月22日(日)~8月9日(木)*1 まで、ワシントンDCでの研修後、ホームステイ滞在先で、アメリカの文化や歴史、日本の紹介などテーマに沿って実践的な英語を学びます。

また、「コカ・コーラ 復興支援基金」は、高校生だけでなく、派遣者の裾野を中学生に広げたいという想いから、新たに、中学生のホームステイ研修プログラムを企画。岩手県・宮城県・福島県の被災地3県から各3校の中学生18名に、8月6日(月)~19日(日)*1 の期間、英国でのホームステイ研修プログラムを提供いたします。オリンピックで盛り上がる英国での滞在期間中は、ホームステイ滞在しながら、語学学校に通い、スポーツなどを通して世界中から訪れる学生たちと交流が予定されています。

「コカ・コーラ 復興支援基金」では、本プログラムが参加する高校生と中学生にとって異文化に触れ、グローバルな見地を身に付けられるきっかけとなることを願っています。
また「コカ・コーラ 復興支援基金」は今後も、被災した子供たちの生活復興に必要とされる教育施設や公共施設の建設、次世代の人材育成など、東日本大震災によって被害を受けた被災地の復興支援に努めてまいります。
*1 国内移動、国内での事前研修含む


2012コカ・コーラホームステイ研修プログラム概要
■趣旨
「コカ・コーラ 復興支援基金」の震災復興支援活動の一環として、さらなる教育支援を目的に実施。岩手県・宮城県・福島県の被災地の学生を対象に、英語圏でのホームステイの機会を提供し、プログラム参加者が、国際社会において求められる、他国の文化・社会を理解する力を見つけることを支援する

■2012 米国ホームステイ研修プログラム
正式名称:TOMODACHI サマー2012 コカ・コーラホームステイ研修プログラム
主催:公益財団法人 コカ・コーラ教育・環境財団(コカ・コーラ復興支援基金)
実施団体:文部科学省所管 社団法人日本国際生活体験協会(EIL)
プログラム参加者:東日本大震災により被災された宮城県・岩手県・福島県の高校生60名(2013年60名、2014年60名募集の予定)
応募方法:2012年度の応募は終了いたしました
プログラム実施期間:2012年7月22日(日)~8月9日(木)18泊19日(国内移動、国内での事前研修含む)
参加費用:集合場所から成田空港までの交通費、渡航費、およびプログラム参加中の現地移動費、食費等を含む滞在費は主催者が全額負担します。集合場所までの交通費お小遣いは自己負担です。
プログラム概要:滞在先でのホームステイ、ワシントンDC研修旅行、英語研修、各種アクティビティ(滞在地域の大学訪問、ボランティア活動やスポーツ交流など)
滞在地域:バーモント州 バーリントン、ペンシルバニア州 エリー、ケンタッキー州 エリザベスタウン、オレゴン州 セーラム

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング