無線雑誌『ラジオライフDX』が読者限定のイベントを2012年6月17日(日)に開催----ディープな電波系アキバマニアが集うシークレットなイベント。参加者を追加募集!

PR TIMES / 2012年5月8日 9時29分



 出版社、三才ブックス(本社:東京都千代田区神田須田町 代表取締役 塩見正孝 http://www.sansaibooks.co.jp/ )は、2012年6月17日に(日)に都内、秋葉原周辺に於いて、弊社が発行する無線マニア向けの季刊誌『ラジオライフDX』主催の読者の集いを開催します。

 月刊『ラジオライフ』の名物イベントとして、1982~2009年までの27年間にわたり、毎月、全国各地で開催されてきた読者との交流会「ペディション」。
 このイベントが3年間ぶりに限定復活することになりました。年末恒例のフリーマーケット主体の「東京ペディション」とは違う、純粋な読者との交流会として開催されます。
■イベント開催概要
日時:2012年6月17日(日)13:00~16:00
会場:秋葉原周辺
※入場は無料ですが、シークレット開催のため事前応募が必要です。

■応募方法
・参加希望者お1人につき1通の応募でお願いします。
・ペディションの思い出や、自慢グッズのアピールを記してください。
・ takehiko@sansaibooks.co.jp までメールで応募してください。
・締め切りは2012年5月20日。
・ラジオライフDX編集部で選定し、ご参加いただく方には5月末日までにご連絡さしあげます。
・このペディションの模様は2012年9月発売の『ラジオライフDX』で紹介する予定です。あらかじめ誌面で掲載されることをご了承ください。

エントリーの締め切りは5月20日(日)

----------------------------------------------------------------------------------------
<あの懐かしい「ペディション」が帰ってくる! 電波系マニアのオフ会「ペディション」とは>

 ペディションとは、エクスペディションを略した言葉で「遠征」を意味します。特にアマチュア無線の世界においては孤島や山頂、秘境など人の少ない地域や国へ出向いて、そこから電波を出すことを意味し、このような無線の運用は無線愛好家の憧れなのです。
 無線雑誌『ラジオライフ』のペディションは全国各地で開催され、電波&機械好きな読者が集うイベント。参加者が自慢のお宝グッズを見せ合うという、今風にいうなら読者と編集スタッフのオフ会といったところです。
 そのペディションがスタートから30年目にあたる2012年6月17日に限定で復活します。
 旧来のペディションは自由参加型でしたが、今回は参加希望者を厳選しての特別なシークレットイベントです。参加者を季刊誌『ラジオライフDX』で募集したところ、思わぬ反響で会場の拡大を決定!
 それにともない新たな参加者を募集することになりました。もちろん参加費は無料です。参加に資格制限はありませんが、強いていうなら、なにかのマニアであることです。ペディションでは持参した自慢のグッズをアピールしたり、パフォーマンスを披露してみたりと、往年のペディションを凝縮したようなイベントになる内容です。開催場所はシークレットですが、電気少年たちの聖地、東京・秋葉原から1駅の範囲内。1300~1600までの開催を予定しています。『ラジオライフ』のペディションに参加したことのある方は往年を思い出して、また初めての方は、好奇心だけでも参加してみてはどうでしょうか。


■本件に関するお問わせ先■
報道関係者様向け問い合わせ先:株式会社 三才ブックス(担当:関口岳彦)
E-mail: takehiko@sansaibooks.co.jp
TEL 03-3255-7995(平日 1000~1800)

■会社概要■
会社名:株式会社 三才ブックス
代表者:代表取締役 塩見正孝
本社所在地:〒101-0041 東京都千代田区神田須田町2-6-5 OS‘85ビル4F
設立:1980年3月26日
URL: http://www.sansaibooks.co.jp
主な事業:出版業


企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング