アクティブ・セーフティ、生体情報、高速データ通信規格LTEを融合 フリースケール、新しいドライバ・アシスト・システムをレーシングカーに実装

PR TIMES / 2012年3月29日 14時5分

フリースケール・セミコンダクタ・ジャパン株式会社(本社:東京都目黒区下目黒1-8-1、代表取締役社長:ディビッド M. ユーゼ、以下 フリースケール)は、今後、本格的な普及が見込まれるアクティブ・セーフティ、また心拍数/心電図などのバイオメトリクス(生体情報)データのリアルタイム取得/発信を可能とする、新コンセプトのドライバ・アシスト・システムを、本年度中にレーシングカーに実装する計画を発表致します。

より過酷な環境下で走ることを余議なくされるレーシングカーにおいて、ドライバ・アシスト・システムの安定的な稼働を成功させることにより、フリースケールではモータースポーツ分野での新たなパラダイムの創出を図ると共に、その技術をより早く一般自動車へ普及させるべく研究開発の促進に努めていきます。

フリースケールの代表取締役社長ディビッド M. ユーゼは次のように述べています。「ポルシェ カレラカップに参加し、そしてその中でフリースケールの技術を通じて差別化されたソリューションをアピールできることに大変期待しています。モータースポーツは、新しい技術の開発、そして車載アプリケーションの各分野におけるイノベーションの実装において先陣を切っています。フリースケールは業界の最先端技術を車載分野に提供してきた長年にわたる豊富な実績を持っており、我々は主要なモータースポーツを評価し、我々の新しい技術の実装をチャレンジするうえで、ポルシェ カレラカップが最適なレースであると考えました。今回のスポンサーシップがレースおよび車載エレクトロニクス分野への取り組みの次のステップの一つであると考えています。」

フリースケールでは、まずこの3月31日、および4月1日に岡山国際サーキットにおいて行われる「ポルシェ カレラカップ ジャパン2012」第1・2戦において、実装確認試験を行います。

そして本年度中には、
【ドライバ・モニタリング】:1.心拍数、2.心電図、3.身体各部骨格筋動作モニタ
【車体モニタリング】:
4.360度モニタ・デジタル画像処理カメラ、5.タイヤ・スリップ角検出、6.重力加速度、7.ステアリングアングル、8.ホイール・スピード、9.エンジン回転数
【コンソール・クラスタ】:
10.フルグラフィックス・クラスタ(バイオメトリックス情報の統合を含む)
など、合計10個に渡るシステムの融合を行い、来年以降のレーシングマシンにおける更なる技術革新、一般自動車への普及に向けた取り組みを行っていきます。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング