ガイアックス、株式会社オークファンの提供するオークション不正出品物検知 ツールと連携した投稿監視サービスを提供

PR TIMES / 2012年7月12日 14時0分

株式会社ガイアックス(本社:東京都品川区、代表執行役社長:上田祐司、証
券コード:3775 、以下ガイアックス)は、株式会社オークファン(本社:東
京都渋谷区、代表取締役社長:武永修一、以下オークファン)と協業し、オー
クファンの提供する違法な出品物を自動検出するオークション不正出品物検知
ツール「auc-checker」と連携した投稿監視サービスを提供します。

両社の協業により、ユーザー同士がインターネット上において仮想のゲームア
イテム(景品)などを現金で売買するリアルマネートレード(以下、「RMT」)
や、本来はユーザー同士が売買することを禁止している商品・アイテムを効率
的に発見・調査いたします。


● ソーシャルアプリ市場の拡大と、それに伴う規約違反行為の増幅
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
昨今、ソーシャルアプリ(※1)市場は、SNS(ソーシャル・ネットワーキング・
サービス)の普及に伴い、急成長を続けており、2011年度の市場規模は前年度
比1.8倍の2,570億円、また2012年度は前年度比1.3倍の3,429億円に拡大すると
予想されています(「ソーシャルゲーム市場に関する調査結果」矢野経済研究
所、2011)。
このような中で、ソーシャルアプリの普及に伴い、ほとんどのソーシャルアプ
リケーションプロバイダー(以下、SAP)の利用規約において違反行為として
いるRMT行為、オークションでのゲームアイテム売買が盛んに行われるように
なってきました。

一方で、SAP事業者の中には、これらへの問題認識が低い、また、認識できて
いても多様化・多数化していて実態を掴むのが難しく、対処できていないとい
う企業も少なくありません。このような企業のために、 ガイアックスでは、
300サイト以上の投稿監視、300以上のソーシャルアプリ運用の実績を持つ監視
体制を活かし、不正行為を検知する手段として、オークション不正出品物検知
ツール「auc-checker」と連携した投稿監視サービスを提供いたします。

※1 ソーシャルアプリケーションの略で、mixi(ミクシィ)やモバゲータウ
ン、GREE(グリー)などのSNSのプラットフォームとし、ユーザー同士の繋が
りや交流関係を機能に活かしたWebアプリケーションのこと。ソーシャルゲー
ムが代表的。


● 「auc-checker」を使い、さらに目視監視で、不正出品をくまなく調査
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
オークファンは、オークションの出品物について自動的にWebページを収集し、
URLを一覧化するツール「auc-checker」を提供します。「auc-checker」は、
事前にクライアントが指定したキーワードを元に、出品物のURLと出品者を検
出します。ガイアックスは、このツールを使い、検出結果を元に監視オペレー
ターがひとつひとつ目視監視し、不正出品を報告します。
弊社とクライアントとの間で、事前に基準となるキーワードを決めることで、
個々のクライアントに適した調査を行うことが可能です。以下のような時には、
ぜひお問い合わせ下さい。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング