第8回「MONEXグローバル投資家サーベイ」実施

PR TIMES / 2013年4月3日 12時41分

~米FRBの資産買入れ見直し時期についてコンセンサスはみられず~



 2013年3月に実施した第8回「MONEX グローバル投資家サーベイ」(注1)において、日本の個人投資家による今後3ヶ月程度の世界の株式相場に対する見通しDI(注2)は、前回調査時(2012年12月)から+22ポイントと2回連続で大幅な上昇を記録し、米国および香港の個人投資家に比べて強気ぶりが引き続き際立っていることが明らかになりました。また、米FRBの資産買入れ見直し時期について、個人投資家の間で明確なコンセンサスは形成されていないことも示されました。

(注1)日本、米国および香港における調査の実施概要は次のとおりです。

日本 米国 香港
調査期間 2013年3月8日~11日 2013年3月1日~11日 2013年3月1日~11日
回答数 1,346件 165件 277件

(注2)DI(diffusion index):「上昇すると思う」と回答した割合(%)から「下落すると思う」と回答した割合(%)を引いたポイント

「MONEXグローバル投資家サーベイ」について

 マネックス証券株式会社(以下「マネックス証券」)は、2009年10月より、個人投資家を対象として相場環境についての意識調査のアンケートを毎月実施し「MONEX個人投資家サーベイ」として提供してまいりました。当グループにおいて、日本に加え米国および香港にも証券事業の拠点ができたことを契機に、当該個人投資家サーベイの調査対象を米国および香港にも広げ、2011年6月より四半期ごとにマネックス証券、TradeStation Securities, Inc.およびMonex Boom Securities (H.K.) Limitedの3社共同で「MONEXグローバル投資家サーベイ」を実施しています。日本、米国および香港の個人投資家の相場環境についての意識を定点観測しております。

主な調査結果 
(1) DIは日本株が高止まり、米国株は3ヶ月連続で改善
 [調査対象:日本の個人投資家、別紙レポート グラフ1]
 【日本株DI】(2月)67ポイント → (3月)72ポイント (前月比 +5ポイント)
 【米国株DI】(2月)53ポイント → (3月)62ポイント (前月比 +9ポイント)
 【中国株DI】(2月)-20ポイント → (3月)-19ポイント (前月比 +1ポイント)
 日本の個人投資家に聞いた地域別DIでは日本株が依然72ポイントと高水準で推移しました。米国株は2013年1月調査時から3ヶ月連続で改善しました。(1月:+21ポイント、2月:+1ポイント)。中国株はほぼ横ばいが続いています。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング