広告制作の最前線に生きる人々と、笑顔を運ぶ「ネスカフェ」の物語 『踊る大宣伝会議、 或いは私は如何にして 踊るのを止めてゲームの ルールを変えるに至ったか。』

PR TIMES / 2014年10月31日 15時12分

10月31日(金)より、コンセプトシネマとして「ネスレシアター on YouTube」にて公開 本広克行総監督、木村好克監督、蓮佛美沙子、山田裕貴、池内博之、升毅ら豪華俳優陣出演



ネスレ日本株式会社(本社:神戸市、代表取締役 社長 兼 CEO:高岡 浩三、以下「ネスレ」)は、コーヒーブランド「ネスカフェ」において、次世代のブランドコミュニケーションとして推進しているコンセプトシネマ『踊る大宣伝会議、 或いは私は如何にして 踊るのを止めてゲームの ルールを変えるに至ったか。』を2014年10月31日(金)より公開いたします。

「ネスレシアター on YouTube」は、プロの映画監督が制作する質の高い作品をインターネット上で無料公開し、多くの視聴者にご覧いただくという、これまでに例のない、全く新しいコミュニケーションモデルです。昨年11月の公開から半年で1,000万視聴を突破し、9月30日には、チョコレートブランド「キットカット」を題材にしたコンセプトシネマを公開し、約1か月で100万視聴を超え、大変好評をいただいています。

従来の広告とは全く異なるかたちの展開で、多くの視聴者に映画を楽しんでいただきながら、ネスレやネスレ製品ブランドについてのコミュニケーションも図るという、映画界、企業双方にとって価値のある新しいビジネスモデルの実現を、今後さらに推し進めるべく「コンセプトシネマ」と称した新しいコミュニケーションモデルとして発展させてまいります。
そして、いよいよコーヒーブランド「ネスカフェ」を題材にしたコンセプトシネマが公開されます。本広克行総監督、出演・蓮佛美沙子 他でお送りする『踊る大宣伝会議、 或いは私は如何にして 踊るのを止めてゲームの ルールを変えるに至ったか。』は、10月31日(金)より「ネスレシアター on YouTube」をはじめ「ネスカフェ」ブランドサイトおよびエンタテインメントサイト「ネスレアミューズ」内にて公開いたします。

■職場に笑顔を届ける「ネスカフェ アンバサダー」を表現したショートフィルム
ネスレは、「ネスカフェ アンバサダー」の2012年11月の本格スタート以来、一杯のコーヒーを基点に会話や笑顔が広がる“オフィス内コミュニケーションの活性化に取り組んできました。現在では、応募は約14万件に到達し(2014年9月末時点)、日本全国に「ネスカフェ アンバサダー」の輪が広がっています。
本作品は広告業界を舞台に、蓮佛美沙子演じる「ネスカフェ アンバサダー」役を通して、熱く広告宣伝に打ち込む人々の姿を描いたショートフィルムです。毎日が戦いである広告業界においても、「ネスカフェ アンバサダー」がオフィスにほっとした一息・笑顔を届けます。
総監督は、「踊る大捜査線」の本広克行、出演には蓮佛美沙子、山田裕貴、池内博之、升毅ら豪華俳優陣が名を連ねます。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング