ジョンソン・エンド・ジョンソン 地震と津波の被害を受けた日本の子どもたちへの支援を発表

PR TIMES / 2014年3月14日 16時56分

福島の子どもたちに日常的な運動遊びによりストレスを軽減できる健康な環境を創出するプログラムを支援

ジョンソン・エンド・ジョンソングループ日本法人各社(※1)(以下、ジョンソン・エンド・ジョンソンという)は、東日本大震災と津波の被害を受けた子どもたちを対象とする児童育成・コミュニティ支援プログラムを運営する、特定非営利活動法人地球の楽好(ちきゅうのがっこう)に、日本財団を通じて1,000万円(10万米ドル)を寄付します。

報道関係各位
2014年3月14日

ジョンソン・エンド・ジョンソン株式会社
(メディカル カンパニー、ビジョンケア カンパニー、コンシューマー カンパニー)
ヤンセンファーマ株式会社
オーソ・クリニカル・ダイアグノスティックス株式会社
ジョンソン・エンド・ジョンソン
地震と津波の被害を受けた日本の子どもたちへの支援を発表
福島の子どもたちに日常的な運動遊びによりストレスを軽減できる
健康な環境を創出するプログラムを支援

ジョンソン・エンド・ジョンソングループ日本法人各社(※1)(以下、ジョンソン・エンド・ジョンソンという)は、東日本大震災と津波の被害を受けた子どもたちを対象とする児童育成・コミュニティ支援プログラムを運営する、特定非営利活動法人 地球の楽好(ちきゅうのがっこう)に、日本財団を通じて1,000万円(10万米ドル)を寄付します。
今回の支援の発表について、ジョンソン・エンド・ジョンソンの会長兼CEOであるアレックス・ゴースキーは、被災地、特に原発事故の被害を受けた地域の保護者の最大の懸念は子育てのための環境であると述べています。
「同じコミュニティに暮らす人々の健康に対する思いやりという私たちの責任の一環として、ジョンソン・エンド・ジョンソンは、地震と津波の被害を受けた子どもたちの生活を向上させるための活動を支援しています。いまだに多くの人々が仮設住宅で暮らし、コミュニティ再建の途上にありますが、特に被災地の子どもたちの健康のためには支援の継続が極めて重要であると私たちは考えています。」
「この新しいプログラムは、運動の効果を体感し、上手に利用するための安全で健康的な方法を、保護者・保育従事者と協力して子どもたちに教えることにより、子どもたちはもちろん、それを見守る大人が抱えている疑問やストレスの要因を軽減し、地域単位で被災後の生活への適応を支援していくものです。」
今回の寄付により、これまでにジョンソン・エンド・ジョンソンが日本財団と地域の非営利団体が連携して行う復興支援活動へ提供してきた援助の合計額は約1億円(100万米ドル)となります。。この他にジョンソン・エンド・ジョンソンが支援している日本財団のプログラムには、以下のものがあります。
・ 仮設住宅コミュニティ支援プログラム ― 仮設住宅の支援員として働く方々をサポートするほか、特定非営利活動法人 いわて連携復興センターおよび一般社団法人 RCF復興支援チームと連携し、仮設住宅における新しいコミュニティ育成のための環境と仕組みの構築を推進しています。 
・ 子育てママと赤ちゃん支援プログラム ― 東北子育て支援プロジェクトの一環として、助産師が運営するワークショップを支援。このプロジェクトは、被災地の母親たちのための安全な子育て環境の創出に取り組むもので、一般社団法人 福島県助産師会と一般社団法人 ジェスペールが担当しています。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング