レーザー距離計 Leica DISTO(TM) シリーズ史上のベストセラーがBluetooth(R)Smartを搭載して復活 「Leica DISTO(TM) D2」

PR TIMES / 2016年3月7日 10時54分

室内向け アプリ対応モデル

スイスに本社を置く測量機器メーカー、ライカ ジオシステムズ株式会社(東京都文京区)は、レーザー距離計Leica DISTO(TM) (ライカ ディスト) シリーズの新製品『Leica DISTO(TM) D2』を2016年5月中旬より発売開始します。本製品は、Bluetooth(R)Smartを搭載し、スマートフォンやタブレットを使った測定メモのデジタル化に対応しています。



[画像1: http://prtimes.jp/i/6745/30/resize/d6745-30-554119-1.jpg ]

Leica DISTO D2
http://www.leica-geosystems.co.jp/jp/Leica-DISTO-D2_69656.htm

レーザー距離計とは、レーザーが当たった所までの距離をボタン1つで瞬時に測定するハンディタイプの計測器です。建築設計・土木業界をはじめ、製造業、設備管理業、鉄道業、運輸業、不動産業、損害保険鑑定、大学、研究機関など、屋内外での測定ツールとして広く使用されています。


最先端の測距技術: X-Rangeパワーテクノロジー

[画像2: http://prtimes.jp/i/6745/30/resize/d6745-30-625907-7.jpg ]

100mの長距離測定、最速の測距スピード、反射の弱い面での測定を実現した最新テクノロジーです。測定範囲と精度は、レーザー距離計の国際規格ISO 16331-1に基づきテストされているため、良い数値が出る好環境だけではなく、建設現場の日常業務でも仕様通りの結果が得られるように設計されています。


働き方をダイナミックに変えるアプリ
DISTO sketchアプリは、写真と測定メモを1つにします。Bluetooth(R)Smartを使って、測定した値を次から次へと写真の上に転送し、簡単なメモやレイアウト図を追加していくと、アプリ上で実測作業のメモが完結します。これまで別々の作業だった写真撮影と測定を同時進行し、それらの記録を一体化します。測定値をそのままアプリに転送することで、転記ミスや書いた字が読めないといったヒューマンエラーから解放されます。
[画像3: http://prtimes.jp/i/6745/30/resize/d6745-30-518221-8.jpg ]



グリッドに図を描くこともでき、平面や壁面の形状を一目でわかるように記録することも可能です。
これまでの使い方にアプリを加えることで、ワークフローが劇的に変わります。
[画像4: http://prtimes.jp/i/6745/30/resize/d6745-30-398342-4.jpg ]



【アプリ 対応デバイス】
iOS:iPhone 4S以上、iPad mini / Air / 3以上、iPod touch (第5世代)
https://itunes.apple.com/jp/app/disto-sketch/id580422524?mt=8

Android:V4.3以上、およびBluetooth 4.0
https://play.google.com/store/apps/details?id=de.ffuf.leica.sketch&hl=ja#details-reviews
[画像5: http://prtimes.jp/i/6745/30/resize/d6745-30-239191-2.jpg ]



折りたたまれた大切なパーツ
エンドピースは本体裏に折りたたまれており、必要な時に広げて使うパーツです。例えば、柱から壁までを測定するときは、広げて柱にひっかけます。窓枠の角やカーテンレールなどの溝から測るときは、まっすぐ伸ばして使います。その際は、本体底からではなく、エンドピースの先端からの距離となるように自動で切り替わります。ミリ単位の正確な値を得るには、欠かせないパーツです。
[画像6: http://prtimes.jp/i/6745/30/resize/d6745-30-375620-3.jpg ]



3年間の安心も一緒に
Leica DISTO™ シリーズの保証期間は、他のどのレーザー距離計よりも、長いです。通常2年、ご購入後8週間以内にWebで延長登録いただいたくと、3年間に延長されます。


レーザー墨出し器 Lino L4P1のケースにも収納可能
2016年2月に発売したレーザー墨出し器 Lino L4P1のケースには、本製品を収納する場所が設けてあります。墨出し作業にも一緒にお使いいただけます。
[画像7: http://prtimes.jp/i/6745/30/resize/d6745-30-408209-9.jpg ]



製品動画

[動画: http://www.youtube.com/watch?v=iAVlOq9gifw ]



主な仕様 / 販売について
標準測定範囲:0.05~100m
標準測定公差:±1.5mm
主な機能:距離測定、面積測定、加算/減算、メモリー10件
電機機械器具の外郭による保護等級:IP54
電源:単4形乾電池×2本
サイズ:116×44×26mm
重量(電池含む):100g
発売開始予定:2016年5 月中旬
想定市場価格:24,000円~25,000円(税込)


ライカ ジオシステムズについて
弊社は約200年にわたり、測量/計測のパイオニア企業として活動しています。1993年に「レーザー距離計」を、世界で初めて製造・販売して以来、世の中にない斬新なアイディアが盛り込まれた製品を発売し続けております。ライカ ジオシステムズは、スイスに本拠を置くグローバル企業で、Hexagonグループの一員です。120カ国以上に広がるパートナーネットワークと、28カ国で働く3,500人の従業員が、世界中の何万人ものお客様をサポートしています。


製品に関するお問合せ先
ライカ ジオシステムズ株式会社
disto@leica-geosystems.co.jp

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング