<タキイ種苗>秋の家庭菜園シーズン到来!今注目の機能性野菜を育ててみませんか!?

PR TIMES / 2014年9月8日 13時27分

~ 機能性野菜の栽培意向率は約6割。また、自身の食生活への摂取意向は7割以上に ~

この秋オススメは、タキイの機能性野菜『ファイトリッチ』シリーズのホウレンソウ『弁天丸』、ミズナ『紅法師』、カラシナ『コーラルリーフ』の3点!!




 タキイ種苗株式会社(所在地:京都市下京区、代表取締役社長:瀧井傳一)は、秋の家庭菜園シーズンに向け、タキイの機能性野菜『ファイトリッチ』シリーズのオススメ品種や栽培方法等をご紹介します。

 タキイ種苗が8月に実施した「野菜と家庭菜園に関する調査」(※1)で、『機能性野菜を家庭菜園で育ててみたいか』を聞いたところ、「とても(してみたいと)思う」が9.8%、「やや(してみたいと)思う」が48.3%となり、栽培意向率は約6割を占め、家庭菜園でつくりたい野菜として「機能性野菜」に高い潜在ニーズがあることがわかりました。
また、『通常の野菜より栄養価の高い「機能性野菜」をご自身の食生活に摂り入れたいと思うか』の問いには、「食生活に摂りいれたいと思う」が12.7%、「どちらかといえば思う」が62.2%となり、摂取意向は7割以上にのぼるということも明らかになりました。

 この結果から、自ら栽培することに加え、自身の食生活への導入の関心が高まっていることを受け、ご家庭でも「機能性野菜」を身近に感じていただき、食生活に摂り入れていただけるよう、この秋からのスタートに適した簡単で手軽に栽培できる「機能性野菜」の品種をご紹介します。

<機能性野菜『ファイトリッチ』シリーズ全13品種より、この秋オススメの3品種>
■“目の機能強化”が期待される「ルテイン」が豊富なホウレンソウ『弁天丸』
 ホウレンソウ『弁天丸』は寒締め栽培(※2)をすることにより糖度が増して、食味がよくなり、ルテインなどのカロテノイド色素もさらに増加することが明らかになっています。ルテインは失明の原因として患者数が増加して問題となっている加齢黄斑変性症(※3)の予防効果が期待され、注目が集まっている機能性成分(※4)です。

■従来のミズナに比べ、「アントシアニン」が10倍以上多く含まれている赤紫ミズナ『紅法師』
 『紅法師』には、ポリフェノ-ルの一種で動脈硬化予防や目の健康維持などに効能が期待されるアントシアニンが、従来のミズナに比べて10倍以上多く含まれています。シャキシャキした食感と、切れ込みの多い葉形が特長のミズナは、サラダに欠かせない食材として定番の品目です。『紅法師』は軸の部分が赤紫色で「サラダに向く新感覚のミズナ」をコンセプトに育成された品種です。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング