《日本初!!》 「J-NETクロス取引」サービス提供開始のお知らせ 日経225先物及びミニ日経225先物で、立会取引より有利な価格での約定機会を提供!

PR TIMES / 2014年9月30日 17時38分



 株式会社SBI証券(本社:東京都港区、代表取締役社長:高村正人、以下「当社」という。)は、2014年10月14日(火)[予定]より、SBIジャパンネクスト証券株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役:畠山優実、以下「SBIジャパンネクスト証券」という。)と共同で、日本初※となる先物・オプション取引の新サービス「J-NETクロス取引」の提供を開始することとなりましたのでお知らせいたします。
※2014年9月30日 当社調べ。本サービスの提供が「日本初」とは一般投資家を対象として広く提供するものを指します。
 「J-NET(ジェイネット)クロス取引」とは、日経225先物及びミニ日経225先物における当社のお客さまの注文とSBIジャパンネクスト証券のお客さまの注文について、当社内でマッチングを行い、取引所の立会外市場(J-NET)で約定させる取引です。マッチングを行うのは、取引所の立会価格より有利または同価格で約定が可能な場合のため、取引所立会市場に注文するよりも有利な価格で取引できる可能性があります。なお、マッチングが行われない場合は、お客さまの注文はこれまでどおり取引所立会市場で約定されることになります。
 「J-NETクロス取引」の手数料は、通常の先物取引と同じです。また、利用にあたって申込などの特別な手続きは必要ありません。当社のお客さまは、注文時に画面上で「J-NETクロス取引」を選択するだけで、日経225先物及びミニ日経225先物を取引する際に、取引所の立会価格よりも有利な価格での取引機会を享受できる可能性があります。
 
  このたびの 「J-NETクロス取引」の提供により、より多くの個人投資家の皆さまに、資産運用の選択肢の一つとして、当社の先物・オプション取引の活用をご検討いただけるものと期待しております。本サービスは、対象限月の拡充や日経225オプションの対象銘柄への追加など、さらなるサービス拡充を予定しております。
当社は、今後も「業界屈指の格安手数料で業界最高水準のサービス」を提供するべく、商品・サービスの拡充に努めてまいります。

「J-NETクロス取引」 取引イメージ


「J-NETクロス取引」 サービス概要
対象銘柄 日経225先物、ミニ日経225先物
対象限月 日経225先物は直近2限月、ミニ日経225先物は直近4限月
取引時間 日中のザラ場「9:00~15:10」のみ
     (オープニングセッション、クロージングセッションは除く)
     ※ご注文の時間が上記以外の場合、大阪取引所 立会市場へ発注されます。
     ※2014年10月14日以降、準備ができ次第、イブニングセッションにも対応する予定です。
手数料  通常取引と同じ
取引チャネル インターネット(HYPER SBIを含む)、モバイル端末
呼値の単位 1円単位
※本サービスの約定は大阪取引所 J-NET市場で執行されるため、同市場の呼値単位となります。

<金融商品取引法に係る表示>
商号等  株式会社SBI証券 金融商品取引業者
登録番号 関東財務局長(金商)第44号
加入協会 日本証券業協会、一般社団法人金融先物取引業協会

<手数料等及びリスク情報について>
SBI証券で取り扱っている商品等へのご投資には、商品毎に所定の手数料や必要経費等をご負担いただく場合があります。また、各商品等は価格の変動等により損失が生じるおそれがあります(信用取引、先物・オプション取引、外国為替保証金取引では差し入れた保証金・証拠金(元本)を上回る損失が生じるおそれがあります)。各商品等への投資に際してご負担いただく手数料等及びリスクは商品毎に異なりますので、詳細につきましては、SBI 証券WEB サイトの当該商品等のページ、金融商品取引法に係る表示又は契約締結前交付書面等をご確認ください。

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング