【JAF大分】Superシニアドライバーズスクール大分を開催しました

PR TIMES / 2014年7月16日 16時40分

自己の運転能力を再確認し、自己流運転を見直す交通安全講習会

JAF大分支部は6月29日(日)、大分市にて「Superシニアドライバーズスクール大分」を開催しました。



JAF大分支部は6月29日(日)大分県自動車学校(大分市賀来北)にて、参加体験型の安全運転実技講習会「Superシニアドライバーズスクール大分」を日本自動車工業会、全日本交通安全協会と共催しました。

この講習会は50歳以上のドライバーを対象とし交通安全意識の高揚とクルマの特性や自分の運転能力を再認識し、事故防止に役立てていただくことを目的に、大分では年に1回開催しています。
男女11人(53~78歳)の参加者からは視機能診断システム体験、見通しの悪い交差点の安全な通過や急ブレーキ体験を通して「普段の運転の安全確認の甘さを実感した」「自分の運転能力を再認識することができた」との感想が聞かれました。

同支部では実践的な安全運転講習会を今後も開催し、ドライバーの技能向上に貢献してまいります。
                                                   

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング