巨大な蜘蛛の巣が上空に出現!ツリーハウスの森カフェ「椿森コムナ」

PR TIMES / 2018年9月6日 17時1分

~ハロウィン仕様に変化した異空間へ~

株式会社拓匠開発(本社:千葉県千葉市、代表取締役:工藤 英之)は、JR千葉駅より徒歩9分、ツリーハウス2棟、可動式タイニーハウス(小屋)2台、エアストリーム(キッチンカー)、ハンモックスペースを集めたカフェ&コミュニティスペース「椿森コムナ」にて9,10月の企画イベント【ハロウィンコムナ】を開催します。



[画像1: https://prtimes.jp/i/11312/30/resize/d11312-30-116621-10.jpg ]

 秋の定番イベントといえばハロウィン。そんなハロウィンの雰囲気がツリーハウスの森カフェ「椿森コムナ」にもやってきます。住宅街に囲まれたアウトドア空間では9月よりハロウィン仕様に模様替え。その名も「ハロウィンコムナ」。期間中はアウトドア施設だからこそできる空間を活用したメインとなる巨大な蜘蛛の巣が出現!さらに、椿森コムナのシンボルでもあるツリーハウスはハロウィン期間限定で電飾が変化します。ハロウィンならではの仕様にガラリと変貌した椿森コムナは、日が暮れるとより一層幻想的に。この時期ならではのワークショップやライブイベントも予定しております。
 椿森コムナのハロウィンはアウトドアを活かしたオリジナルをテーマに様々な仕掛け、設えを致します。取材なども随時承っております。
[画像2: https://prtimes.jp/i/11312/30/resize/d11312-30-940624-1.jpg ]

 「ハロウィンコムナ」をプロデュースした、アーティストJesus(ジーザス)についてご紹介します。
 Jesusは、椿森コムナのマネージャー且つアーティスト。独自のセンスが際立つJesusにより椿森コムナの企画はスタイリッシュでユニークな空間に創り上げられています。独自のセンスである「美」と「遊び」の発想により企画されたプロジェクト「ハロウィンコムナ」。ユニークな空間を活かした手作り且つオリジナルな設えに、飲食メニューやツリーハウスまでもが期間限定でハロウィン仕様になります。お楽しみに!

■「椿森コムナ」とは・・・「ツリーハウスの街による環境保全活動」によりグッドデザイン賞を受賞した拓匠開発が手がけるカフェ&コミュニティスペースで、全米で住みたい街No.1の都市ポートランド(アメリカオレゴン州)の「人と環境にやさしい街」を参考に企画、設計を行い、地域にある遊休地、建設現場からの廃材、解体現場からの廃材、造成活動のために伐採された樹木などの、身の回りにある“もったいない”を有効利用し製作しました。秘密の隠れ家のようにはしごをのぼるツリーハウスは、まるで絵本の世界。ハンモックでくつろいだり、ウッドデッキに座ってコーヒーを飲んだりと非日常的なくつろぎ空間をご提供しています。日替わりでキッチンカーやフードスタンドが出店、素材にこだわったオーガニックコーヒーや軽食などが楽しめます。2015年10月のオープン以来、ママ友や学生、お子様からシニア世代の方など幅広い世代が集う憩いの場となっています。2016年にグッドデザイン賞を受賞。

【営業時間・定休日】 月~日 7:00~21:00 不定休  入場無料

【公式サイト】  http://tsubakimorikomuna.com/

【公式Facebook】  http://www.facebook.com/tsubakimori.komuna/

【住所、アクセス】
 千葉県千葉市中央区椿森1丁目21-23
 千葉公園東側、千葉モノレールタウンライナー沿い
 JR千葉駅 徒歩9分、千葉モノレール千葉公園駅 徒歩3分
 ※ 駐車場はございません。徒歩、自転車、又は公共交通機関でご来場下さい。

【運営管理】 グディーズエステイトアンドマネージメント株式会社(拓匠開発グループ)

【Email】 info@tsubakimorikomuna.com

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング