「和食・酒 えん」を展開するビー・ワイ・オー、全124店舗に「Shopらん」を導入

PR TIMES / 2020年4月7日 13時5分

-店舗における“実行力の向上”と“働きやすい環境”の両立を目指す-

株式会社ドリーム・アーツ(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:山本 孝昭、以下 ドリーム・アーツ)は、和食を中心に飲食事業を展開する株式会社ビー・ワイ・オー(本社:東京都豊島区、代表取締役社長:楊 文慶、以下 ビー・ワイ・オー)が運営する、「和食・酒 えん」や「おぼんdeごはん」をはじめとした14ブランド全124店舗にて、2020年 3月16日より多店舗オペレーション改革を支援するクラウドサービス「Shop らん(R)(ショップラン)」を導入したことをお知らせします。ビー・ワイ・オーでは「Shop らん」を活用することで、店舗における“実行力の向上”と“働きやすい環境”の両立を目指します。



■「Shopらん」導入前の課題・導入によって狙う効果
1996年に「和食・酒 えん」を初出店したビー・ワイ・オーは、和食を中心に業態数・店舗数を拡大し、現在では「だし茶漬け えん」「おぼんdeごはん」など14業態124店舗を運営しています。ビー・ワイ・オーでは、これまでにGoogle社のグループウェア「G suite」を導入済みであり、本部-店舗間の情報共有には、「Gmail」や「Googleドライブ」、「スプレッドシート」などの活用を広げてきました。しかし、業態数・店舗数の増加に伴い、多くの店舗と本部間の情報共有において下図のとおり煩雑さが増していました。それに起因して発生していたテーマが、店舗タスクの確実な実行と、店舗が業務に注力できる働きやすい環境づくりです。これらを「Shopらん」の導入によって実現していきます。
[画像1: https://prtimes.jp/i/25071/30/resize/d25071-30-602574-1.png ]


ビー・ワイ・オーではすでに「G suite」を利用中であったため、本部・店舗共に利用するツールが増えることへの懸念がありました。しかし、「G suite」とのシングルサインオンやメール経由での店舗向け指示登録など「Shopらん」の連携機能を活用することで、ツール増加の懸念は解消されています。
[画像2: https://prtimes.jp/i/25071/30/resize/d25071-30-116310-0.png ]


■ビー・ワイ・オー 常務取締役 中野 耕志様からのコメント
「私たちの目標は、「和」の新しいスタンダードになる事業を提案し、新しい価値を生み出すことにより、世界から評価される企業になることです。この目標に向かって、これまで多くの業態を展開し、お客さまに評価いただけた業態の店舗数を拡大してきました。そこで課題になったのが、運営レベルを維持・向上する上で重要な、店舗における本部施策の浸透・実行です。さらに、本部スタッフは店舗を第一に考え、店舗が無理なく本部施策を実行できる働きやすい環境を整えなければなりません。これらの課題を解決するために複数社のサービス導入を比較検討しました。その結果、“店舗が働きやすくなる”という点を最も重視して『Shopらん』を選定しました。今後は、ドリーム・アーツ様の豊富なノウハウなどを提供いただきながら、『Shopらん』を活用して、弊社の課題解決・目標達成につなげていきたいと考えています」


[画像3: https://prtimes.jp/i/25071/30/resize/d25071-30-931637-2.png ]


『Shopらん(ショップラン)』について https://shoprun.jp/
「Shopらん」は、多店舗企業の本部-店舗間コミュニケーションに特化したクラウドサービスです。本サービスはアダストリア様やすかいらーく様、RIZAP様など幅広い業種・規模で採用され、導入店舗数約37,000店 / 利用人数約53万人(海外含む)と数多くのお客さまにご利用いただいています。「Shopらん」は、サービス基盤として日本マイクロソフトが提供するクラウドプラットフォーム「Microsoft Azure」を採用し、利用規模の変化やコンテンツの増加にも柔軟に対応できる環境を実現しています。

株式会社ドリーム・アーツについて https://www.dreamarts.co.jp/
1996 年 12 月に設立されたドリーム・アーツは「協創する喜びにあふれる人と組織と社会の発展に貢献する」 をコーポレート・ミッションに、「情報共有」と「対話」を重視した独創的かつ高品質なソリューションとサービスを提供します。「協創力を究めよ」のスローガンのもと、ICT だけでも人間だけでもできないビジネス上の難題の解決を ICT と「協創」でお手伝いしています。

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング