【東京ミッドタウンで楽しむ京都】サントリー美術館「京都・醍醐寺」展 開催記念フェア

PR TIMES / 2018年9月19日 17時1分

2018年9月19日(水)~11月11日(日)

サントリー美術館の「京都・醍醐寺」展の開催を記念して、入館チケット付特別ランチメニューや、京都ゆかりの品々をご用意。展示をご覧になるとともに、東京ミッドタウンで「京都」を感じる時間をお過ごしください。




チケット付特別ランチメニュー

ランチのあとでサントリー美術館をお楽しみいただける、チケット付の特別ランチメニューを5店舗でご用意。秋の味覚とともに、優雅な午後をお過ごしください。

【宮川町 水簾】
ミヤガワチョウ スイレン
(ガーデンテラス3F / TEL:03-5413-1881 )
[画像1: https://prtimes.jp/i/27065/30/resize/d27065-30-361192-0.jpg ]

醍醐寺展限定かろやか会席(1ドリンク付)
6,200円(税込) ※要予約
脂がのって“本当の旬は秋”とされる鱧や、希少な大黒本しめじなど、京都ならではの食材を使った目にも贅沢な会席コース全7品。京都の蔵の日本酒なども選べる、1ドリンク付のメニューです。


【HAL YAMASHITA 東京】
ハル ヤマシタ トウキョウ
(ガーデンテラス1F / TEL:03-5413-0086)


[画像2: https://prtimes.jp/i/27065/30/resize/d27065-30-187538-1.jpg ]

醍醐寺展特別ランチコース
5,500円(税込) ※当日注文可能
旬の秋刀魚と焼茄子のカルパッチョや神戸牛の雲丹焼きなど全6品をご用意する贅沢なランチ。デザートには京都ほうじ茶のブラマンジェをお召し上がりいただけます。


そのほか、「Artisan de la Truffe Paris」の醍醐寺展特別ランチ(6,300円)、「GRILL & WINE GENIE'S TOKYO」のランチコース(4,700円)、「平田牧場」のソフトドリンク付金華豚ロースかつとヒレかつの合い盛り膳(3,460円)が揃います。どちらも、「京都・醍醐寺展」のチケット1枚が付きます。(※価格は全て税込)
詳細は以下よりご確認ください。
http://www.tokyo-midtown.com/jp/event/4226/



東京ミッドタウンでぶらり京都めぐり

東京ミッドタウンで出会える京都ゆかりの品々をご紹介します。ぜひこの機会に、京都の文化を感じてください。

【THE COVER NIPPON】
ジカバー・ニッポン
(ガレリア 3F / TEL:03-5413-0658)
【WISE·WISE tools】
ワイス ワイス トゥールス
(ガレリア 3F / TEL:03-5647-8355)


[画像3: https://prtimes.jp/i/27065/30/resize/d27065-30-873717-2.jpg ]

お守本尊 仏像
18,468円(税込)~
生まれ年の干支により定められたお守本尊を慈しむことで、幸運へと導いてくれるといわれています。確かな技術が生み出したお守本尊を身近に置くことで、インテリアとして、また心のよりどころとして、日々の暮らしを豊かにしませんか。


【HIDA】
ヒダ
(ガレリア 3F / TEL:03-5413-7637)
[画像4: https://prtimes.jp/i/27065/30/resize/d27065-30-639285-3.jpg ]

KANNON
95,040円(税込)
岐阜高山でものづくりを行なう飛騨産業の直営店では、仏師・高田童白氏による円空仏をご用意。円空のイメージと飛鳥時代の仏像のイメージを融合させた現代の円空仏です。
※数量限定


【とらや】
(ガレリア B1 / TEL:03-5413-3541)
[画像5: https://prtimes.jp/i/27065/30/resize/d27065-30-578388-4.jpg ]



季節の生菓子とお抹茶のセット
1,242円(税込)
季節ごとに変わる「とらや」の生菓子。9月はお月見にちなんだ「月下の宴」、10月中旬までは「小佐女菊」、11月からは「小練柿」や「初時雨」など、期間中は訪れるたびに異なる甘味を楽しめます。薫り立つお抹茶とともにほっこり、五感で秋を感じてみてはいかがでしょうか。


【箸長】
ハシチョウ
(ガレリア 3F / 03-5413-0392)
[画像6: https://prtimes.jp/i/27065/30/resize/d27065-30-965614-5.jpg ]



京焼 陶泉窯 三寸小皿 ※本展限定
1枚 3,240円(税込) 
京都の老舗窯元「陶泉窯」が京都やお寺にちなんだモチーフを絵付けした限定の小皿。一点一点手作り、手描きの優しさに溢れています。
※数量限定


[表: https://prtimes.jp/data/corp/27065/table/30_1.jpg ]



【同時開催】サントリー美術館「京都・醍醐寺」展
[画像7: https://prtimes.jp/i/27065/30/resize/d27065-30-979629-6.jpg ]


京都にある醍醐寺は、真言密教の拠点として、古くから歴史の表舞台で重要な役割を果たしてきた名刹です。今回の展覧会では国宝・重要文化財に指定された仏像や仏画を中心に、普段は公開されない貴重な史料・書跡を通じて、平安時代から近世にいたる醍醐寺の変遷を辿ります。また桃山時代に豊臣秀吉が行った「醍醐の花見」に関連する品々や、三宝院の襖絵など、醍醐寺をめぐる華やかな近世美術も鑑賞できる貴重な機会となります。

【期間】2018年9月19日(水)~2018年11月11日(日)
※展示替あり
【場所】サントリー美術館 東京ミッドタウン・ガレリア3F
【時間】10:00~18:00 ※金・土は20:00まで
(入場は閉館の30分前まで)


詳細はこちら
http://daigoji.exhn.jp/

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング