1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

後ろからも包み込む、ワイヤレス・ステレオスピーカーBEOLAB 8、登場

PR TIMES / 2023年11月30日 18時45分

変化するステレオイメージ

あらゆるセットアップと場所でパフォーマンスを発揮するリアスピーカー



[画像1: https://prtimes.jp/i/80325/30/resize/d80325-30-b13da611e3060bf7d7df-0.jpg ]


あらゆるセットアップと場所でパフォーマンスを発揮するリアスピーカーBeolab(ベオラブ)8は究極のホームサウンドシステムとして2台のステレオペアで臨場感あふれるホームシアターシステムを構築することができ、パワフルで正確なステレオサウンドでハイファイな音楽体験をお楽しみいただくことができる多用途リアスピーカーです。エレガントで小ぶりなシルエットながら強力な低音で奥行きのあるサウンドをお届けします。更にMozartプラットフォームを核とするBeolab 8はスタンドアロンスピーカーとしてもAirplayとBluetoothで簡単に接続できます。また、有線接続に限らずWiSA規格に準拠したワイヤレスPowerlinkにより、真のシステムスピーカーとなり、数世代前のBang & Olufsen(バング & オルフセン)製テレビやサウンドシステムに接続することも可能です。

Bang & Olufsenは常に

・ ACOUSTIC (アコースティック)
・ DESIGN (デザイン)
・ CRAFTSMANSHIP( クラフツマンシップ)

の3つを軸に、製品概要を表現しています。

[画像2: https://prtimes.jp/i/80325/30/resize/d80325-30-f203caf59afe677267be-1.jpg ]


ACOUSTIC
パワフルで臨場感あふれるサウンド

Bang & Olufsenのトーンマイスター(録音技師)によりチューニングされたBeolab 8は、0.6インチツイーター、3インチミッドレンジ、5.25インチウーファーの3つのドライバーで構成され、その高いサウンドクオリティーをお楽しみいただけます。象徴的なBeolab 17スピーカーの技術を基にスピーカーの性能と音質を維持するドライバーを厳選しました。更にBeolab 8の性能は、ウルトラワイドバンド(超広帯域技術)、アダプティブ・チューニング、ルーム補正、ビーム幅制御の採用により、大幅に向上しました。

FLUIDスイートスポット *2024年初旬対応予定
ウルトラワイドバンドを活用したBeolab 8は、設置された部屋に適応するだけではありません。Bang &Olufsenのアプリを通じて、ユーザーの携帯電話の位置情報に基づいてスイートスポットを調整します。スマートフォンがそばにある限り、臨場感あふれるサウンドでダイナミックなスイートスポット体験を実現します。
*ステレオセットアップでBeolab 8を使用する場合のみ有効です。FluidスイートスポットはApple iPhone 11以降でのみ動作します。

アダプティブ・チューニング
アダプティブ・サウンド・チューニングにより、センサーがフロントカバーを検知し、最適なパフォーマンスを実現するためにサウンドを微調整します。これは、スピーカーに内蔵された小型センサーとカバー内のマグネットによって可能になり、Beolab 8はカバーの種類(素材)を検知して自動的に個々に適切なチューニングを選択します。

ルームコンペンセーション(環境マッピング)
ルームコンペンセーション機能は、部屋の音響特性に基づき最適化されたサウンドスケープを提供します。Beolab 8は、部屋の大きさや空間に関係なく、クリアな音質を提供するために、その環境を注意深くマッピングします。リスナーは周囲の環境に適応したサウンドスケープを楽しむことができ、音楽に没頭することができます。

ビーム幅制御
スピーカーのビーム幅コントロールにより、ユーザーは2つのリスニング体験をシームレスに切り替えることができます。Beolab 8は、リスナーのスイートスポットを最適化するために精密なオーディオで絞り込み、スピーカーがどのサウンドモードにあるかを前面にあるLEDが表示し、おひとりで音楽を楽しむ時、パーティーのBGMなど用途によって音響特性が変えられます。

[画像3: https://prtimes.jp/i/80325/30/resize/d80325-30-ed916ca18501ebf36c86-4.jpg ]


DESIGN
壁や床、天井、テーブルなど、置きたい場所に設置可能なデザイン

Beolab 8はBeosound Theatre、Beolab 28、Beolab 50などBeolabとBeosoundシリーズのデザインDNAを受け継いでいます。ベース部分のアルミニウムとスピーカーの内部コアの間で、光と影の相互作用が視覚的に軽量な外観を作り出し、フォルムは機能に従うというスカンジナビア・デザインの原則に従い、音響効果を高める形状の美しいオブジェになりました。上部のガラス・インターフェースは完璧な曲線を描き、ユーザーの指を表面に沿って無理なく導いてくれます。4種類あるオプションのスタンドは、Bang & Olufsenのアルミニウム製造のノウハウを生かした、細身で彫刻的なデザインとなっています。テーブルスタンドは浮遊感を演出し、控えめな印象のシーリングブラケットとフロアスタンドは完璧さを追求してデザインされました。

[画像4: https://prtimes.jp/i/80325/30/resize/d80325-30-5609a026272f25e8d0a0-6.jpg ]


CRAFTSMANSHIP
卓越したクラフツマンシップ

Beolab 8はどこに、どのように置いても、そしてどの角度から見ても美しく見えるようにデザインされ、球体と円柱を融合させた一体型のアルミニウムボディは、Bang & Olufsenが誇る工場、ファクトリー5の卓越したクラフツマンシップの象徴です。スピーカー本体のロゴ部分は髪の毛ほどのわずかな幅の小さな4666個の穴により光る仕様になっており、スピーカーの形状を完成させるフロントカバーはデンマーク製の立体的な木製ラメラ(層状)造りとなっています。ベース部分は1枚のアルミシートから作られておりクラフツマンシップを体現する美しい仕上げになっています。

[画像5: https://prtimes.jp/i/80325/30/resize/d80325-30-20fd299be84f0fb8e67b-7.jpg ]


LONGEVITY
時代を超える設計

Beolab 8は、時の流れを超えるように設計されています。経年変化する高品質の素材を使用し、継続的なカスタマイズオプションと長期にわたるアップグレード性、保守性、そしてBeolab 8が最新の技術標準に適応できることを保証する交換可能なストリーミングモジュールを採用しています。同スピーカーは循環型の未来に向けて製品を積極的に設計することを可能にする設計哲学、Cradle-to-Cradle(ゆりかごからゆりかごまで)の原則に基づいて設計されています。Beolab 8はCradle-to-Cradle認証*申請中です。
*「Cradle to Cradle」認証とは
アメリカ人の建築家ウィリアム・マクダナーとドイツ人の化学者ミカエル・ブラウンガルトが2002年に考案した「Cradle to Cradle」の設計理念は、世界で最も意欲的な製品認証です。二人は研究所を設立してフレームワーク、規格、認証制度を編み出しました。その目的は、交換・カスタマイズ・アップグレードが可能な製品設計を採用することにより、持続可能な開発と循環型製品への変革を支援することにあります。Bang & Olufsenの「交換、カスタマイズ、アップグレードが可能な製品作り」というアプローチに、当研究所の規格要件が加わりました。「Cradle to Cradle」は科学に基づき、ボランティアによって運営され、第三者の監査を受けることで、設定した厳格な水準が確実に守られるよう取り組んでいます。

製品概要

スピーカー構成      5 ¼インチ ウーファードライバー x 1
計3 基           3インチ ミッドレンジドライバー x 1
             0.6インチ ツイーター x 1
パワーアンプ       200W クラスD(ウーファー用)x 1
計300ワット     50W クラスD(ミッドレンジ用)x 1
50W クラスD(ツイーター用)x 1
周波数帯域        28 - 23,000 Hz
最大音圧レベル      104 dB SPL @1m(ペア)
低域再生性能       90 dB SPL @1m(ペア)
ワイヤレス接続      Bluetooth 5.3 - SBC, AAC コーデック
             UWB(Ultra Wide Band)
             Wireless Power Link / WiSA
             WiFi - デュアルバンドWLAN 2.4 & 5 GHz(IEEE 802.11 b/g/a/n/ac/ax)
ストリーミングサービス   Apple AirPlay 2、Chromecast built-in、Spotify Connect、Bluetooth 5.3、
             Bang & Olufsen Radio、Tidal Connect、Deezer
マルチルーム       Apple AirPlay 2、Chromecastスピーカーグループ、Beolink Multiroom
サイズ          テーブルスタンド: 18.9 x 29 x 16.5
幅 x 高さ x 奥行き / cm   フロアスタンド: 30 x 114 x 30
             ウォールブラケット: 21.5 x 27.9 x 16.5
素材           アルミニウム、ファブリック、天然オーク材、ポリマー
重量           4.1 kg (本体のみ)
デザイナー        Noto GmbH
リモートコントローラー  Bang & Olufsen App、Beoremote One BT、Beoremote Halo
電源           100-240V、50/60Hz
価格           ペア税込み ¥758,000 ~
保証期間         3年間

[画像6: https://prtimes.jp/i/80325/30/resize/d80325-30-06400067c19ba6d07840-8.jpg ]


BANG & OLUFSENについて

Bang & Olufsenは1925年にデンマークのStruerでPeter BangとSvend Olufsenによって創立されたブランドです。二人の創立者の情熱とヴィジョンは現在でも色濃くブランドの礎となっています。創業当時より、Bang & Olufsenは革新的なオーディオ・ビジュアル製品と音響技術の開発を続けています。今日に至るまでBang & Olufsenの大切な製品価値は一貫して美しいサウンド、タイムレスなデザイン、そして比類なきクラフツマンシップです。革新的で前進的なプロダクトは世界中のBang & Olufsenのストアや一般販売店にて販売されています。

お取り扱い情報: BANG & OLUFSEN 専門店
希望ハッシュタグ: #Beolab8、#BangOlufsen、#BangOlufsenJapan

[画像7: https://prtimes.jp/i/80325/30/resize/d80325-30-3be54fa744acda53415c-9.png ]


企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

デイリー: 参加する
ウィークリー: 参加する
マンスリー: 参加する
10秒滞在

記事を最後まで読む

次の記事を探す

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください