1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

トップメーカーによる空気清浄機市場2021年の分析-シャープ、フィリップス、パナソニック、ダイキン、ハネウェル、コーウェイ、シャオミ

PR TIMES / 2021年10月5日 9時45分

空気清浄機の市場規模、状況、およびビジネスの見通し2021年から2027年

東京、2021年10月4日、 Market Insights Reports(Ameliorate Digital Consultancyグループの会社)は、2021年9月25日から販売されている空気清浄機市場に関する最新の市場調査レポートをリリースしました。

空気清浄市場のレポートでは、ビジネスの戦略家のための洞察に満ちたデータの貴重な情報源です。業界の概要と、成長分析、過去および未来のコスト、収益、需要と供給のデータ(該当する場合)を提供します。リサーチアナリストは、バリューチェーンとそのディストリビューター分析の詳細な説明を提供します。空気清浄機市場調査は、このレポートの理解、範囲、およびアプリケーションを強化する包括的なデータを提供します。

空気清浄機または空気清浄機は、室内の空気から汚染物質を除去する装置です。これらのデバイスは、アレルギー患者や喘息患者に有益であり、中古のタバコの煙を減らすかなくすのに役立つものとして一般的に販売されています。

このレポートの無料サンプルコピーを入手してください。

https://www.marketinsightsreports.com/reports/09023227626/global-and-japan-air-purifiers-market-insights-forecast-to-2027/inquiry?Mode=P07

世界の空気清浄機市場のトップ企業は 、Sharp、Philips、Panasonic、Daikin、Honeywell、Coway、Xiao Mi、Electrolux、Whirlpool、YADU、Midea、Blueair、Lexy、Samsung、Austin、Beiangtechなどです。

世界の空気清浄機の主要企業には、シャープ、フィリップス、パナソニックなどが含まれます。世界の上位3社が約55%のシェアを占めています。
中国が最大の市場であり、シェアは約65%であり、ヨーロッパと日本がそれに続き、どちらも約20%のシェアを持っています。
製品面では、HEPAが最大のセグメントであり、シェアは約45%です。そして、アプリケーションに関しては、最大のアプリケーションは住宅であり、次に商業です。

製品タイプとアプリケーションによって分割された世界の空気清浄機市場:

このレポート は、タイプに基づいて世界の空気清浄機市場をセグメント 化します
。HEPA
活性炭
静電気
イオンおよびオゾン発生器
その他

アプリケーションに基づいて 、世界の空気清浄機市場は次のように分割されます。
住宅
商業
その他

世界の空気清浄機市場:地域分析

レポートは、米国、カナダ、ドイツ、フランス、英国、イタリア、ロシア、中国、日本、韓国、台湾、東南アジアを含む重要な地域での空気清浄機市場の成長とその他の側面の詳細な評価を提供します、メキシコ、ブラジルなど。レポートの対象となる主要な地域は、北米、ヨーロッパ、アジア太平洋、およびラテンアメリカです。

詳細な目次を含む完全なレポートをここで確認してください:

https://www.marketinsightsreports.com/reports/09023227626/global-and-japan-air-purifiers-market-insights-forecast-to-2027?Mode=P07

目次の重要なセクション:

世界の空気清浄機市場の概要
産業への経済的影響
メーカーによる市場競争
地域別の生産、収益(値)
地域別の供給(生産)、消費、輸出、輸入
タイプ別の生産、収益(値)、価格動向
アプリケーション別の市場分析
製造原価分析
産業チェーン、ソーシング戦略、および下流のバイヤー
マーケティング戦略分析、ディストリビューター/トレーダー
市場効果要因分析
世界の空気清浄機市場予測

この調査には、2016年から2021年までの履歴データと、2027年までの予測が含まれています。これにより、レポートは、業界の幹部、マーケティング、営業、製品マネージャー、コンサルタント、アナリスト、および明確に提示された表を備えた簡単にアクセスできるドキュメントで主要な業界データを探している利害関係者にとって貴重なリソースになります。とグラフ。

最後に、空気清浄機市場レポートは、ビジネスを飛躍的に加速させる市場調査を得るための信頼できる情報源です。レポートは、主要な場所、アイテムの価値、利益、制限、生成、供給、要求、市場の発展率と数値などの経済状況を提供します。空気清浄機業界レポートはさらに、新しいタスクのSWOT分析、推測の達成可能性調査、およびベンチャーリターン調査を提示します。

特定のクライアントの要件に基づいてレポートのカスタマイズを提供し
ます。-選択した5か国の無料の国レベル分析。
-5つの主要な市場プレーヤーの無料の競争分析。
-他のデータポイントをカバーするために、40時間のアナリストを解放します。

その他のレポートを閲覧する:

アジア太平洋高効率粒子状エアフィルター(HEPA)市場レポート(2015-2025)-市場規模、シェア、価格、傾向および予測

https://www.marketinsightsreports.com/reports/02172632263/asia-pacific-high-efficiency-particulate-air-filter-hepa-market-report-2015-2025-market-size-share-price-trend-and-forecast/inquiry?Mode=P07

世界の活性炭市場2019-2028

浄水部門からの需要の高まりとその水銀汚染防止への応用は、活性炭市場を成長軌道に乗せる重要な要因です。さらに、医療および製薬セクターからの需要の高まりは、検討対象の年の間に調査対象の市場にいくつかの機会を生み出します。

アジア太平洋地域は、活性炭の最大の市場を保持しており、2028年まで保持を続けると予想されます。この地域は、水処理を含むさまざまな用途での活性炭の需要の急増により、急速な成長が見込まれます。さらに、低コストのベンダーの存在も輸出量を増やす可能性があります。さらに、中国やインドなどの新興経済国で見られる急速な工業化により、空気浄化と水銀制御のための活性炭消費量が増加しています。汚染レベルを緩和するための環境基準の上昇は、活性炭が地域全体で成長するためのいくつかの機会も持っています。これらの上記の要因は、アジア太平洋地域の活性炭市場のプラス成長を示しています。

https://www.marketinsightsreports.com/reports/09303315298/global-activate-carbon-market-2019-2028/inquiry?Mode=P07

世界の家庭用空気清浄機市場2021年、メーカー、地域、種類、用途別、2026年までの予測

https://www.marketinsightsreports.com/reports/09223290904/global-home-air-purifier-market-2021-by-manufacturers-regions-type-and-application-forecast-to-2026/inquiry?Mode=P07

世界のポータブルカー空気清浄機市場2021年、メーカー、地域、種類、用途別、2026年までの予測

https://www.marketinsightsreports.com/reports/09223289538/global-portable-car-air-purifier-market-2021-by-manufacturers-regions-type-and-application-forecast-to-2026/inquiry?Mode=P07

世界の高性能空気清浄機市場調査レポート2021

https://www.marketinsightsreports.com/reports/09203274165/global-high-performance-air-purifier-market-research-report-2021/inquiry?Mode=P07

私たちに関しては:

MarketInsightsReportsを 含む業界業種のシンジケート市場調査提供 ヘルスケア、情報通信技術(ICT)を、技術とメディア、化学、材料、エネルギー、重工業など MarketInsightsReportsは、 世界と地域のマーケット・インテリジェンス・カバレッジ、360度市場のビューを提供します統計的予測、競争力のある風景、詳細なセグメンテーション、主要な傾向、および戦略的な推奨事項が含まれています。

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング