女性向けWEBサイト「OZmall」にマーケティング支援システムを提供~東京OLが行動したくなる、きめ細かなマーケティング施策を強力に支援~

PR TIMES / 2012年6月19日 11時34分



株式会社ブレインパッド(本社:東京都品川区、代表取締役社長:草野 隆史、東証マザーズ証券コード:3655、以下ブレインパッド)は、スターツ出版株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:菊地 修一、以下スターツ出版)が運営する女性向けWEBサイト「OZmall(以下オズモール)」に、英・Emailvision社製のマーケティング・オートメーション・ソフトウェア(注1)「smartFOCUS(スマートフォーカス)」、ブレインパッドが独自開発・提供する統合レコメンデーションシステム「Rtoaster(アールトースター)」が採用されたことを発表します。本システムの採用により、オズモールのサイト訪問者一人ひとりの顧客像把握と、分析結果に基づく最適な商品やサービスをタイミングよく提供する、きめ細かなマーケティング施策の実現が可能となります。

■背景
オズモールは、スターツ出版が発行する首都圏女性情報誌「OZmagazine(オズマガジン)」のWEB版として、「東京OLの恋とキレイを応援する」をコンセプトに、独自の特集記事や高級ホテル・レストラン・ヘアサロン・ウエディング会場などの予約サービスを展開する情報サイトです。(2012年6月現在、会員数165万人)

従来、オズモールではサイトを訪問する読者を「かけがいのない女友達」と捉え、ユーザーの声を施策に活かす独自のマーケティング戦略を実施してきました。今年度、15周年を迎えるにあたり、「Lifetime Communication」をテーマに、顧客の声をより精緻に分析し、適切かつタイムリーな顧客コミュニケーションの提供をすべく、CRMを推進してきました。

同社では、CRMをより強化するにあたり、現場のマーケティング担当者自身が顧客データの分析、施策の実施、効果検証を行い、よりタイムリーにマーケティング業務を行うことのできる環境の整備を検討。その結果、顧客分析システムとして「smartFOCUS」、ウェブ上でのレコメンデーション及び顧客行動把握のツールとして「Rtoaster」が採用されました。

■「smartFOCUS」及び「Rtoaster」の採用のポイント
smartFOCUS及びRtoasterが採用されたポイントとして、以下の3点が挙げられます。

1.マーケティング担当者が活用できるシステム
smartFOCUSは、データベースの知識がなくても、顧客の「属性情報」や「売上情報」、「ウェブ行動履歴」を一元的に可視化し、分析、レポート作成をスピーディに行える点。Rtoasterは、お客様が求めるバナーや特集を担当者自身で設定することが可能で、両システムともに、現場の最前線の担当者が活用することが出来るシステムであること。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング