「すらら everyday TOEIC」400点コース 2月1日提供開始

PR TIMES / 2013年2月1日 11時38分

~TOEIC(R)テスト の問題形式を用いず、アニメーションで文法解説~



“教育のゲーミフィケーション”を具現化!eラーニング教材「すらら」
「すらら everyday TOEIC」400点コース 2月1日提供開始
~TOEIC(R)テスト の問題形式を用いず、アニメーションで文法解説~


株式会社すららネット(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:湯野川孝彦)は、オリジナル開発によるTOEIC対策「すらら everyday TOEIC」の400点コースの提供を2月1日(金)より開始します。

「すらら everyday TOEIC」は、文法・語彙・Listening/Readingをバランスよく学習することで、スコアを伸ばすだけではなく、英語の底力をつけることを目的としたe-ラーニング教材です。

今回提供を開始する400点を目指す「400点コース」を皮切りに、今後800点を狙う「800点コース」まで、5コースの提供を予定しております。TOEIC のスコアが現在400点未満であっても、100点ずつアップし、最終的には誰でも800点を狙えるように、段階的に学習を進めることができるプログラムです。

400点コースは月額1,000円(ご利用月分)で、10日間は無料でご利用いただけます。ご利用にあたっては対象年齢を問わず、TOEIC(R)テストでのスコアアップを目指す学生、社会人にお使いいただくことを想定しています。

【「すらら everyday TOEIC (URL: http://surala.jp/toeic/)」特徴】

1.総合的な学習が可能
文法・語彙・Listening/Readingの全分野を網羅しているため、自分にあった教材がわからない、といったことが避けられ、バランスよく、自分にあったレベルでランクアップしていくことが可能です。

2. TOEIC(R)テストの問題形式で出題しない

あえてTOEIC(R)テスト の問題形式を用いていません。TOEIC(R)テストと同じ問題形式による出題で問題形式に慣れることを目的とせず、独自のドリルと解説により英語の底力を付けることを目指しています。

3. 毎日コツコツ続けられる! スキマ時間学習に適したプログラム構成
タブレットPCで学習できるため、スキマ時間を有効活用いただけます。「基本プラクティス」(次ページ参照)で不正解になった問題が溜まる「復習ボックス」があり、間違えた問題だけ集中的に復習することが可能です。また、「単語・熟語リスト」には暗記帳機能がついているので、簡単に単語テストに挑戦することができます。加えて、クリアしたunit数や、習得したword数・sentence数、総学習時間が表示されるため、継続へと繋がります。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング