フリースケール、S12 MagniVポートフォリオに業界初となるシングルチップの 自動車インストルメント・パネル・ソリューションを追加

PR TIMES / 2012年3月30日 11時23分

フリースケール・セミコンダクタ・ジャパン株式会社(本社:東京都目黒区下目黒1-8-1、代表取締役社長:ディビッド M. ユーゼ)は、S12 MagniV(エス12・マグニヴィ)ミックスド・シグナル・マイクロコントローラのポートフォリオに、主流な車載用インストルメント・パネル向けに設計した「S12ZVH」を追加します。新しいS12 MagniV「S12ZVH」は、包括的なインストルメント・パネル・ソリューションをシングルチップで実現することにより、市場への製品投入を大幅に迅速化し、全体のBOMコストを最小限に抑えます。

16ビットのS12ZVHミックスド・シグナル・マイクロコントローラ・ファミリのベースとなるのは、フリースケールのLL18UHVミックスドシグナル・プロセス・テクノロジです。LL18UHVテクノロジは、シングルダイでマイクロコントローラと多様なアナログ回路の統合に対応しており、高電圧信号および電源をマイクロコントローラに直接接続する設計が可能です。そのため、システムを簡素化でき、さらにプリント基板のフットプリントが削減できます。また、シングルチップS12ZVHを導入すれば、部品点数が抑えられ、システム全体の信頼性も向上します。

フリースケールのオートモーティブ・マイクロコントローラ製品担当副社長であるレイ・コーニンは、次のように述べています。「フリースケールのS12ZVHミックスド・シグナル・マイクロコントローラ・ファミリは、市場で初の車載インストルメント・パネル用のシングルチップ・ソリューションです。設計作業を効率化するこの高集積デバイスは、コストおよびシステムの小型化が重視されるエントリレベルのパネル・アプリケーションに最適です。」

S12ZVHは、インストルメント・パネル向けに専用設計されたフリースケールのS12 MagniVポートフォリオの初のファミリです。このミックスド・シグナル・マイクロコントローラのターゲットは、コントローラ・エリア・ネットワーク(CAN)のコネクティビティ、ステッピング・モータ用の計器、およびセグメントLCDやドットマトリックス・ディスプレイを必要とするインストルメント・パネル・アプリケーションです。

効率的なインストルメント・パネル・ソリューションを構築する場合、S12ZVHマイクロコントローラ・プラットフォームの高集積性を極めて有効に利用することができます。その理由は、操作に慣れたS12マイクロコントローラ・ファミリの低消費電力やスマート・ペリフェラルに加えて新たに、CAN物理インタフェース、マイクロコントローラへの電源供給用の5Vレギュレータ、リアルタイム・クロック、およびサウンド・ジェネレータなど、の機能です。S12ZVHファミリの独自の機能としては、8KBのECC RAMおよびステッピング・モータ停止検出の機能があります。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング