WyseシンクライアントとCitrix XenAppで学校法人村田学園の仮想デスクトップ環境を刷新

PR TIMES / 2013年8月20日 14時13分

~管理の効率化と快適なIT教育環境を両立~

VDIトータルソリューションベンダーであるアセンテック株式会社は、学校法人 村田学園(東京都千代田区)が運営する3つの教育機関がWyseのシンクライアントおよび、Citrix XenAppを導入して、デスクトップ環境を刷新したとことを発表します。



VDIトータルソリューションベンダーであるアセンテック株式会社(本社:東京都豊島区、代表取締役社長:佐藤 直浩、以下アセンテック)は、学校法人 村田学園(東京都千代田区)が運営する3つの教育機関がWyseのシンクライアントおよび、Citrix XenAppを導入して、デスクトップ環境を刷新したとことを発表します。

同学園は、クライアント端末台数の増加や老朽化に伴い、ハードウェアやソフトウェアの刷新やメンテナンスに要する管理負荷は増加する一方でした。例えば、クライアントへの画面転送の反応が重くなったり、端末の台数が増えていくにつれ、ソフトウェアの修正のたびにマスターハードディスクのイメージを作り直して全端末に配信し動作確認する作業が増加したり、クライアントOSのアップデート時に時間がかかり、たびたびトラブルに見舞われるなど、管理上の作業が増加していました。また時代のニーズに即して変更される教育カリキュラムへの迅速な対応など、同センターが対応するべき内容は年々高度化していました。

このような状況を改善する策として、管理の大幅な軽減が見込まれ、一元管理可能な仮想デスクトップ環境に移行することを決定しました。2011年に教育研究情報センターのサーバルームから各校の教室や職員室の端末にアプリケーションを配信・管理する仕組みを整えた後、2013年にPC教室で順次展開し、7月に短大の事務局への導入が始まっています。端末には「Wyse T10シンクライアント」が、ソフトウェアにはCitrix XenAppが選ばれ、デスクトップ仮想化を実現しています。
採用にあたっては、シンクライアントに特化した独自開発OS「Wyse ThinOS」を搭載したWyseのクライアント端末が高く評価されました。さらに、仮想化ソフトウェアとしてシトリックス「XenApp」を選択したことについては、その高いパフォーマンスが大きな決め手になりました。

これらソリューションの導入により、村田学園は管理負担の軽減を図りつつ、ユーザーの使用感を変更することなく、使い勝手の良いシステムの構築を実現しました。
同校は、5年、10年先を見据えて、教育現場の傾向や今後の動向を考慮しながら、利用者にとって最適なIT環境の整備に継続的に取り組んでいます。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング