UL、ANSI/UL8752(OLED)および測光・効率測定を含む高効率照明器具向け包括サービスを紹介

PR TIMES / 2013年2月27日 14時25分

=== ライティング・フェア: 3月5日(火)-8日(金) ===

米国の第三者安全科学機関UL Inc. (本社:イリノイ州ノースブルック、以下UL)の日本法人である株式会社UL Japan(本社:三重県伊勢市、以下UL Japan)は、3月5日(火)より東京ビッグサイトで開催される「ライティング・フェア」において、LED・有機EL照明機器に向けた安全認証ならびに測光・効率測定サービスを含む包括的なサービスを紹介します。



【ライティング・フェア 開催概要】

■期間: 3月5日(火)~8日(金)

■時間: 10:00~17:00(最終日は16:30終了)

■ブース: LF2056

■会場: 東京ビッグサイト西1・2ホール

■住所: 東京都江東区有明3-11-1

■公式HP: http://www.shopbiz.jp/lf/
(*詳細はこちらをご確認下さい)

国内の高効率照明市場は、2012年7月31日に閣議決定した「日本再生戦略」で示された、2020年までに公的設備・施設における高効率照明の導入率100%を達成するという方針(*1)を受け、急速な拡大が予測されています。中でも有機EL照明は、大型ディスプレイの光源および照明などへの用途拡大により、国内市場規模が1.7億円(2011年)から1,085億円(2020年)へと10年間で約638倍になるという予測(*2)が出されるほどです。

■新規規格ANSI/UL8752:Organic Light Emitting Diode(OLED) Panels
有機EL照明市場が急拡大する一方、製品の安全性を評価する世界標準規格確立の遅れが不安視されていました。こうした中、ULでは関連業界団体、製造者等の照明機器関連ステークスホルダーの意見を取り入れた、独自の有機EL照明器具の安全規格策定を開始し、2012年8月に「UL8752」を発行しました。本規格はANSI(米国国家規格)にも採用され、製造者のタイムリーな製品の市場投入に役立てられています。

■測光・効率測定サービス
UL JapanのEMC試験所は、NVLAP(*3)から認定を受けています。同認定を受けたことでEMC試験所は、品質面および技術面において高水準の測定サービスの提供可能な試験所として証明され、高効率照明器具向けの測定サービスを提供しています。

急成長が見込まれる高効率照明市場において、ULは自社のグローバル・ネットワークを活かした製品の安全認証ならびに測光・効率測定に対応する包括サービスを提供しています。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング