国境なき医師団がフルブライト賞を受賞――団体として初めて

PR TIMES / 2012年9月10日 18時46分



国境なき医師団(MSF)が、2012年のJ・ウィリアム・フルブライト国際理解賞(フルブライト賞)を受賞した。同賞は、国際理解を深め、人道主義の原則を推進する人びとに贈られる。第1回受賞者は南アフリカ共和国のネルソン・マンデラ元大統領(1993年)で、日本の緒方貞子さん(2002年)も受賞している。授賞式典には、MSFインターナショナル会長のウンニ・カルナカラ医師が出席。また、南スーダンの看護師で“顧みられない病気”などの治療に携わっているフランシス・ガトルアクさんが証言活動を行った。賞金は薬剤耐性結核の治療法の開発にあてる予定。



※フルブライト・アソシエーションのプレスリリース

【フルブライト賞2012は“国境なき医師団”――団体への授賞は初めて】

フルブライト・アソシエーションは、2012年のJ・ウィリアム・フルブライト国際理解賞(フルブライト賞)を、国際的な医療・人道援助団体である国境なき医師団に授与した。

授賞式典は、2012年9月8日にワシントンD.C.で開催したMSFインターナショナル会長であるウンニ・カルナカラ医師に賞金5万ドル(約390万円)を贈呈し、カルナカラ医師が記念講演を行った。また、賞の授与に先駆け、米国のNPO「トリートメント・アクション・グループ」のエグゼクティブ・ディレクターであるマーク・ハリントン氏がMSFに賛辞を贈った。

さらに、式典では南スーダンの看護師であるフランシス・ガトルアクさんが証言活動を行った。ガトルアクさんは、“顧みられない病気”と呼ばれる致命的な病気「カラアザール」(内臓リーシュマニア症)の治療をMSFから受けた最初の患者の1人。回復後は看護師としてMSFの活動に加わり、祖国で20年余りにわたり、カラアザールと結核の治療に携わっている。

フルブライト・アソシエーションのパトリシア・クレブズ会長は「団体への授賞は今回が初めてです。MSFは、フルブライト・アソシエーション国際選考委員会において、満場一致で授賞の第一候補に挙がりました。両団体には、国際理解と人道主義の原則を推進するという共通の目標があるからです」と述べている。

第1回のフルブライト賞は1993年、南アフリカ共和国のネルソン・マンデラ元大統領に贈られた。マンデラ元大統領はその後、ノーベル平和賞を受賞している。その他のフルブライト受賞者も、3人がのちにノーベル賞を受賞した。MSFも1999年のノーベル平和賞受賞者だ。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング