エクイニクス、世界15都市で Equinix Cloud ExchangeからGoogle Cloud Platformへの直接接続を提供開始

PR TIMES / 2014年11月7日 10時8分

Equinix Cloud Exchangeから直接接続できるクラウドサービスがさらに充実

Equinix Cloud ExchangeからGoogle Cloud Platformへの直接接続を世界15都市で提供開始したことを発表いたします。Equinix Cloud Exchangeからのハイパフォーマンスな専用接続により、Googleの利用者は世界規模の拡張性と高信頼性を提供するインフラを活用したGoogleのクラウドサービスのメリットを最大限に活用することが出来ます。



カリフォルニア州レッドウッド・シティ − 2014年11月7日−インターコネクションおよびデータセンターサービスをグローバルに展開するEquinix, Inc.(Nasdaq: EQIX、日本法人代表取締役 兼 北アジア統轄 古田敬、以下エクイニクス)は本日、Equinix Cloud ExchangeからGoogle Cloud Platformへの直接接続を世界15都市で提供開始したことを発表いたします。Equinix Cloud Exchangeからのハイパフォーマンスな専用接続により、Googleの利用者は世界規模の拡張性と高信頼性を提供するインフラを活用したGoogleのクラウドサービスのメリットを最大限に活用することが出来ます。

エクイニクスとDimensional Researchがグローバル企業650社のIT担当者を対象に行った調査によると、91%の企業が1年以内に パブリッククラウドサービスを導入する計画があると答え、その一方で多くの経営陣にとって、未だパブリッククラウドへの移行にかかるコストが大きな導入障壁であるという結果が出ています。Equinix Cloud Exchangeは、一つのポートで複数のクラウドに接続し管理することが可能なため、この度Googleのクラウドサービスへの直接接続が可能となることで、Google Cloud Platformを含む任意のクラウドサービスに、スムーズかつコスト効率良く接続することが出来るようになります。

またバーチャルサーキット(仮想回線)を活用することで、企業顧客は希望するクラウドサービスへの低遅延な専有接続を簡単に確立することができます。その為Googleを始めとするクラウドサービスプロバイダーは、世界規模のサービス提供範囲の拡大と柔軟性に富んだハイブリッドクラウドアーキテクチャを必要とする企業に対して、Equinix Cloud Exchangeを介して直接接続できる環境を提供しています。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング