フリークアウト、マクロミルと共同て゛広告効果測定指標の研究開発を開始

PR TIMES / 2014年12月4日 15時22分

テ゛シ゛タル上の行動からオフライン行動まて゛を可視化

株式会社フリークアウトは、株式会社マクロミルと共同て゛、両社か゛保有する広告配信テ゛ータ、リサーチテ゛ータ、O2Oテ゛ータ等を用いた広告効果測定指標の研究開発を開始いたします。



株式会社フリークアウト(本社:東京都港区、代表取締役:本田 謙、以下フリークアウト)は、株式会社マクロミル(本社:東京都港区、代表執行役:小西 克己、以下マクロミル)と共同て゛両社か゛保有する広告配信テ゛ータ、リサーチテ゛ータ、O2Oテ゛ータ等を用いた広告効果測定指標の研究開発を開始いたします。

ここ数年、消費財メーカー、自動車メーカーをはし゛めとする、オンライン上て゛購買か゛完結しないヒ゛シ゛ネスモテ゛ルの広告主におけるテ゛シ゛タル広告の需要か゛高まっています。これら広告主の課題として、テ゛シ゛タル広告か゛「来店・来場なと゛のオフライン行動」、「フ゛ラント゛価値」に及ほ゛す影響か゛不明瞭て゛あるため、十分に活用しきれていない、適切な投資か゛行えない、という状況か゛あります。

フリークアウトはこれまて゛、マーケティンク゛リサーチと自社広告配信テ゛ータを組み合わせた広告効果測定の実施や、オフラインテ゛ータ(来店・来場テ゛ータ)を自社DMPに蓄積する仕組みを構築するなと゛して独自に広告効果の可視化を推進してまいりました。 この度、総合調査会社て゛あるマクロミルと技術面・リソース面て゛包括的に連携すること により、「来店・来場なと゛のオフライン行動」や「フ゛ラント゛価値」といった指標て゛テ゛シ゛タル広告を評価する仕組みの構築を加速させてまいります。

今後は、テ゛ハ゛イス(PC、スマートフォン)、媒体(リッチメテ゛ィアとCGM系の比較なと゛)、 アト゛フォーマット(動画、ハ゛ナー、ネイティフ゛アト゛なと゛)こ゛とに「来店・来場なと゛のオフライン行動」、「フ゛ラント゛価値」にと゛の程度の影響か゛あるのかを共同研究し、より最適なPDCAサイクルを広告主に提供て゛きるようにしてまいります。

【株式会社フリークアウトについて】
フリークアウトはRTBて゛広告枠買付を行うDSPならひ゛に顧客のテ゛ータ資産管理ツールの DMPを提供するマーケティンク゛テクノロシ゛ーカンハ゜ニーて゛す。現在、120社を越える広告 代理店様のDSP/DMP事業を支える技術インフラの提供を行うと同時に、通信キャリア、 航空会社、トイレタリーフ゛ラント゛をはし゛め5,000アカウントを超える顧客に当社フ゜ラットフォームをこ゛活用いたた゛いております。
URL : http://www.fout.co.jp
所在地 : 東京都港区六本木6-3-1 六本木ヒルス゛ クロスホ゜イント
代表者名: 代表取締役 本田 謙
資本金 : 10億4314万2,400円
事業内容: マーケティンク゛フ゜ラットフォームの開発、販売

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング