CA Tech KidsとGaba kids 英語×ITを学ぶ「1DAY Programming Challenge in English」を共同開催

PR TIMES / 2014年11月17日 13時15分



 小学生向けプログラミング教育事業の株式会社CA Tech Kids(読み:シーエーテックキッズ、本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:上野朝大)と、マンツーマン英会話教育事業の株式会社GABA(読み:ガバ、本社:東京都新宿区、代表取締役社長:増田崇之)は、英語とITを同時に学ぶプログラミング体験会「1DAY Programming Challenge in English」を2014年12月13日(土)に共同で開催いたします。


 CA Tech Kidsは2013年5月の設立後、これまでに延べ3000名以上の小学生にプログラミング学習の機会を提供して参りました。また運営する小学生向けプログラミングスクール「Tech Kids School」では、小学校2年生から6年生まで、現在約200名を超える小学生がプログラミングを学んでおり、Objective-C、JavaScript、HTMLなどのプログラミング言語を学習し、それぞれiPhoneアプリ開発やWebアプリ開発に取り組んでおります。

 株式会社GABAは、社会人や学生などの成人向けの「Gabaマンツーマン英会話」と、小学生を対象とした「Gabaこどもマンツーマン英会話(通称:Gaba kids)」の名称で、一人ひとりのレベルや目標、ペースに合わせて受講できるマンツーマン専門の英会話スクールを運営しています。GABAは、ミッションの一つに「国際舞台で活躍できる人材を育成する」と掲げ、小学生から大人まで、グローバル社会の中でも英語を通してコミュニケーションができ、活躍できる人材育成のサポートをしております。

 昨今の急速な国際化・IT化に伴い、英語の必要性はさることながら、プログラミングの能力も21世紀に必要なスキルとしてその重要性が叫ばれております。この度、英語及びプログラミング学習のさらなる普及及び促進を目的として、CA Tech Kids、Gaba kids共催により英語とITを同時に学ぶプログラミング体験会「1DAY Programming Challenge in English」を開催する運びとなりました。

 本イベントは、Gaba kidsの外国人インストラクターとTech Kids Schoolのプログラミング技術とコミュニケーション能力に長けたスタッフと一緒に、小学生が英語とITを同時に学ぶプログラムです。イベントでは、アプリを開発しながら、プログラミングと親和性の高い英語を同時に学習することで、プログラミング・英語それぞれの楽しさを知り、継続的な学習をはじめるきっかけを提供することを意図しております。また、制作したアプリを、英語でプレゼンテーションする発表会を開催いたします。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング