<タキイ種苗>60歳以上の世代の6割以上が野菜に『健康』を期待!

PR TIMES / 2014年9月11日 18時35分

9月15日は「敬老の日」

健康的な生活を求める高齢者へ効率よく野菜の栄養が摂れる『機能性野菜』がおすすめ!

「『機能性野菜』を摂取したいと思う」と答えた人は7割以上
特に期待する栄養素として「カロテン」が人気




 タキイ種苗株式会社(所在地:京都市下京区、代表取締役社長:瀧井傳一)は、9月15日の「敬老の日」を前に、高齢者にますます元気に楽しく毎日の生活を過ごしてもらうため、少ない量でも効率よく栄養を摂取できる『機能性野菜』をご紹介し、食事の面から健やかで有意義な暮らしを応援します。

 長寿大国と言われる日本では、65歳以上の高齢者が約3,079万人(日本の人口の約24% 「国勢調査」より)と言われており、よりよい老後を過ごすためにも毎日の食事はとても重要視されています。タキイ種苗が行った調査(2014年「野菜と家庭菜園に関する調査」より60代以上の結果を抜粋)によると60歳以上の方のうち6割以上は野菜の栄養効果として「健康的な体」(66.3%)を期待していることが分かりました。高齢者は一般的に年々食欲や咀しゃく力が落ちると言われており、そういった意味でも少ない食事の中でも効率的に栄養が摂れる『機能性野菜』に関心が高まっています。

 タキイ種苗では、カロテンが従来品種の約2倍含まれるピーマン『こどもピーマン』やリコピンが一般的なトマトの約2倍含まれるニンジン『京くれない』など、少ない量でも栄養が効率よく摂れる『機能性野菜』を13品種展開しており、食欲や咀しゃく力が落ちた高齢者や病気療養中の方にもおすすめです。今年の「敬老の日」は『機能性野菜』を使った料理をプレゼントしてみてはいかがでしょうか。

■昨年に続いて、野菜の栄養効果に「健康的な体」を期待!
Q.あなたは野菜からどんな栄養効果を期待していますか? (n=80)MA ※60代以上からTOP10を抜粋
 野菜の効果として「健康的な体(66.3%)」を最も意識する結果に。続いて「血液をサラサラにする(48.8%)」、「便秘の解消(47.5%)」が上位を占める形に。


Q. あなたは通常の野菜より栄養価の高い『機能性野菜』をご自身の食生活に摂り入れたいと思いますか? (2013年、2014年n=80)SA ※60代以上を抜粋
 昨年に比べ、『機能性野菜』を摂り入れたいという人は3.7%UP。(昨年70.1%→今年73.8%)
2013年:思う+どちらかと言えば思う=70.1%
2014年:思う+どちらかと言えば思う=73.8%

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング