BBTビジネス・インキュベーション・センター(BIC)開設のお知らせ

PR TIMES / 2014年6月30日 14時55分

~ビジネス・ブレークスルーの起業家支援機関~

株式会社ビジネス・ブレークスルー(所在地:東京都千代田区、代表取締役:大前研一、以下BBT)は、2014年7月1日より、起業家支援を目的とした「BBTビジネス・インキュベーション・センター(BIC)」を開設いたします。BICは、ビジネスや経営に実際に携わる卒業生を多く持つ、BBTの強みを最大限に活かした、他にはない起業家支援を行う機関となります。

 政府も起業を積極的に支援するため、税制優遇措置を検討するなど、日本社会にとって起業家の育成、支援は大きな課題となりつつあります。グローバルで活躍できる人材の育成をミッションとしているBBTでは、設立当初からアントレプレナー精神の育成を重視して参りました。これまでに輩出した延べ約5万人もの卒業生の中には、実際に起業した方やベンチャー経営に深く携わっている方が多数存在します。また、在校生においても、アタッカーズ・ビジネススクール(以下、ABS)のほぼ全学生、ビジネス・ブレークスルー大学(以下、BBT大学)の約半数以上、ビジネス・ブレークスルー大学大学院(以下、BBT大学大学院)やBond-BBTグローバルリーダーシップMBAプログラム(Bond-BBT MBA;以下、BOND大学)の多くの学生が将来の起業を志望しているという現状があります。そのような背景を踏まえ、BBTの人脈を最大限に利用したより実践的な起業家支援機関としてBICはスタートいたします。

 BICの大きな特徴の一つは、経営及び営業・マーケティングを重視した支援を行う点です。通常の起業支援では、資金援助やオフィスの間貸しなどが一般的ですが、知見やノウハウの蓄積が豊富なBICでは、ベンチャー立ち上げにあたり最も困難かつ重要なテーマである経営や営業・マーケティングの視点から、個別コンサルティングを行います。このBICの運営には、BBTの卒業生、在校生、教職員などの全関係者が携わり、多様な起業家支援人材による支援の提供を可能にしています。

【BIC概要】(2014年7月1日現在)
◆支援内容:
BBT卒業生、教授を中心とした認定支援者(支援者に適していると認められた者)が支援を希望する支援対象者に対して支援を行います。支援内容は以下の3種類があります。
1.起業家サポート
ベンチャーにとって最も困難で且つ重要なテーマである経営及び営業・マーケティング分野の支援をします。
市場調査、市場開発、競合戦略、広報、製品戦略、販売戦略等について個別のコンサルティング形式で行います。支援については、BBTの卒業生、実務家教員等が担当します。
2.起業家サロン
ベンチャーを志す方が、多様な視点と専門性に基づいた自由で建設的な議論を通して触発し合うコミュニティです。「AirCampus(R)(エアキャンパス)」[1]に加え、リアルでのセミナー、勉強会等の場を設けていきます。
3.起業関連セミナー、研究会、イベントの開催
BBTの卒業生、教員だけでなく、起業家やベンチャーキャピタル関係者を招いたイベントを2014年秋以降、適宜開催いたします。テーマは、資本戦略、特定市場研究、投資環境、リスク対応など多岐に渡る予定で、将来的には起業や起業環境に関する教育・研究活動を行い、ベンチャー研究の拠点となることも視野に入れています。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング