RPA×AI-OCR×プロセスマイニングで自動化を次のステージへ

PR TIMES / 2020年3月5日 11時5分

~CACがABBYYジャパンおよびテンダと販売代理店契約を締結~

社会や産業のデジタルイノベーションに取り組む株式会社シーエーシー(本社:東京都中央区、代表取締役社長:西森良太、以下CAC)は、企業の業務自動化が次のステージに進むのを支援すべく、RPAとAI-OCRおよびプロセスマイニングを掛け合わせて自動化の範囲を広げる「CAC RPA +Oneソリューション」の提供を開始します。このソリューションの実現に向け、AI-OCRのABBYYジャパン株式会社(本社:神奈川県横浜市、代表取締役:小原洋、以下 ABBYY)およびRPA業務自動分析ソリューションプラットフォームの株式会社テンダ(本社:東京都豊島区、代表取締役社長:中村繁貴、以下 テンダ)と、それぞれ販売代理店契約を締結しました。



近年、日本企業ではRPAの導入が急速に進展しましたが、「全社展開に至らない」「自動化対象業務の数が頭打ち」など、RPA利用の拡大と定着が進まないケースも少なくありません。その際に多く見られる課題が次の3つです。
・紙の帳票類も自動化の対象としたいが、従来型のOCRでは、文字認識精度が低く、定型帳票しか対応できない等の課題が多い。
・RPAに向く対象業務の洗い出しに難航する。
・対象システムが古くてRPAツールとうまく連携できない。改修コストも高い。

「CAC RPA +Oneソリューション」はこうした課題を解決するためのものです。
AI-OCRのグローバルリーダー・ABBYYのテクノロジーは、文書の仕分けやデータ抽出をAIにより自動化してRPAにデータを受け渡し、業務プロセスをスマート化します。
テンダの「D-Analyzer(ディーアナライザー)」は、操作ログを自動で収集・分析して業務フローを自動抽出し、業務プロセスを可視化、さらにRPA導入前後の業務効率化の効果測定も可能にします。
また、RPAツールと連携させ難い古いシステムは、CAC独自のローコード開発ツールAZAREAでロボットフレンドリーなシステムに低コストで作り替えることができます。
これらの技術・製品との連携により、RPAの適用範囲を拡げるとともに定着を促進し、業務自動化のステージを上げることを可能にします。
[画像: https://prtimes.jp/i/24483/31/resize/d24483-31-891474-0.jpg ]

今後もCACでは、AIや自動化技術などの利用拡大を通じて、企業のデジタル化推進を支援してまいります。

■CAC RPA +Oneソリューション紹介ページ
https://cacrpa.com/solution/

<ABBYYジャパン株式会社概要>
所在地:神奈川県横浜市港北区新横浜2-5-14 WISE NEXT 新横浜3階
代表者:代表取締役 小原洋
資本金:2500万円
事業内容:ソフトウェアのカスタマイズ、開発および販売
コーポレートサイト: https://www.abbyy.com/ja-jp/

<株式会社テンダ概要>
所在地:東京都豊島区東池袋 3-1-1 サンシャイン60(57階)
代表者:代表取締役社長 中村繁貴
資本金:1億円
事業内容:ビジネスプロダクト事業、Webソリューション事業、オンラインゲーム事業、クリエイティブ事業
コーポレートサイト: https://www.tenda.co.jp/

<株式会社シーエーシー概要>
所在地:東京都中央区日本橋箱崎町24-1
代表者:代表取締役社長 西森良太
資本金:4億円(東証一部上場 株式会社CAC Holdingsの100%子会社)
事業内容:システム構築サービス、システム運用管理サービス、業務受託サービス
コーポレートサイト: https://www.cac.co.jp/

[商標等について]
・本資料に記載されている社名、製品名等は各社の商標または登録商標です。
*本リリースに記載された内容は発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがあります。

<本リリースに関するお客様からのお問い合わせ先>
株式会社シーエーシー
産業ビジネスユニット
産業ソリューション部 RPAソリューション担当
TEL:03-6667-8057
E-mail:rpa@cac.co.jp

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング