モラハラをうけたひとり親コミュニティ / シングルマザー支援・分かち合い・心のケア

PR TIMES / 2020年7月30日 11時40分

 モラハラは身体的な暴力ではなく、言動や態度といったモラルによる精神的な苦痛のため、被害が表にでてきにくいです。

 また加害者は世間体はいい人な場合が多く、精神的支配をうけ、被害者はモラハラを受けていることに気づきにくいのも特徴です。

 モラハラを受けたひとり親・ひとり親予定者を “孤立” から守り、支えあい、分かち合えるLINEグループを設けます。



[画像1: https://prtimes.jp/i/36563/31/resize/d36563-31-199764-0.png ]


LINEのオープンチャット機能で気軽に交流できます。

※オープンチャットは今お使いのLINEのプロフィールとは別のプロフィールを使うことができ、個人の連絡先が交換されることはありません。

詳細は以下をご覧ください。
https://skuru.site/mora/


■■ モラハラをうけたひとり親グループとは?■■

モラハラをうけたひとり親(離婚予定者も含む)がご参加できます。

●モラハラをうけた方の共感・心のケア
●当事者・経験者への相談
●換精神的支配(言葉による暴力・突然優しくなる・自分に原因があるように誘導される)、
●人格否定、責任転嫁、表向きや世間体はいい人など
●相談機関・離婚・慰謝料・養育費の情報交換
●モラハラ被害者は、被害を認知するまで時間がかかることが多く、深刻化・事件化する前の水際支援など

※ひとり親LINEの詳細はコチラをご覧ください。

現在の参加人数、活動報告・交流状況・話題などの特徴は以下をご覧ください。
https://skuru.site/category/kako/line/

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


※DVをうけたひとり親コミュニティは以下をご覧ください。
https://skuru.site/dv/


●ひとり親LINEグループとは
https://skuru.site/online/

●ひとり親支援にかかる政策要望
https://skuru.site/teigen/

●メディア掲載実績は以下をご覧ください。
https://skuru.site/media/


<エスクルについて>
[画像2: https://prtimes.jp/i/36563/31/resize/d36563-31-938936-1.png ]


1. 行政や民間企業ではなく、得意分野を持った「ひとり親」が自主的に運営している。

2. シングルマザーの団体は多いが、本会はシングルファザーの参加も積極的に促している。

3. 単なる交流だけでなく、行政と連携してひとり親支援、婚活サポートも目指している。

4. 子連れで参加でき、遊びコーナーの充実など、子供も楽しめる内容。


<エスクルが提供する機能>
[画像3: https://prtimes.jp/i/36563/31/resize/d36563-31-636284-2.png ]


● 交流機能:定期的なイベントの実施(交流会、ハロウィン、クリスマス、お誕生日お祝いなど)

● 支援機能:行政と連携して情報提供、子供服の譲り合い、ひとり親の声を集めて政策提言など

● 婚活機能:パートナーづくりに関するサポートや、子供を含めた関係構築


<エミナルについて>
[画像4: https://prtimes.jp/i/36563/31/resize/d36563-31-136822-3.png ]


死別を経験された配偶者・子供には大きなダメージが残ります。しかしながら、配偶者を亡くした方のコミュニティ・グリーフケアの場は少なく、ひとり親に至っては皆無と言えます。

そこで、配偶者を亡くしたシンママ・シンパパの集い「エミナル」を設けます。

1.配偶者を亡くしたひとり親に特化した集まり

2.比較的若年層のコミュニティ

※一般的なグリーフケアは、死別全般の方が参加され、60代以上の高齢者が多いです。

3.子連れで参加でききる

4.子育ての相談ができる

※エミナルエリアを設け、エミナル参加者同士で交流できるようにいたします。


<一般社団法人ひとり親支援協会>
https://skuru.site/assoc/

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング