1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

伊藤忠の新築分譲マンション「クレヴィア渋谷富ヶ谷」2月20日(土)第1期販売開始

PR TIMES / 2021年2月24日 14時15分

マンション建替円滑化法個人施行方式に基づくマンション建替え事業

伊藤忠都市開発株式会社は、東京都渋谷区富ヶ谷二丁目にて開発中の「クレヴィア渋谷富ヶ谷」について、2021年2月20日(土)より販売を開始致しました。



「クレヴィア渋谷富ヶ谷」は、東京メトロ千代田線「代々木公園」駅徒歩10分、小田急線「代々木八幡」駅徒歩10分に位置しています。渋谷まで徒歩圏の利便性と、閑静な住宅街に位置する良好な住環境に加え、公園に隣接する希少性の高い立地です。また本件は、「マンション建替え等の円滑化に関する法律(以下、「建替え円滑化法」)」による個人施行方式により、当社が個人施行者として行っている建替え事業で、2021年9月の竣工を目指し、開発を行っております。
[画像1: https://prtimes.jp/i/47364/31/resize/d47364-31-530086-3.jpg ]

【第1期1次・2次 販売概要】
・販売期間:2021年2月20日(土)~
・販売戸数:8戸
・販売価格:8,970万円~15,030万円
・間取り・専有面積:2LDK~3LDK、53.75平方メートル ~80.23平方メートル

【反響状況】
・資料請求者数:約800件(2021年2月14日時点)
・総来場者数:約100組(2020年10月3日~2021年2月14日)

【資料請求者、来場者の特徴】
・年代:30代~50代 エリア:渋谷区中心に23区内 家族構成:2~3人家族中心


本物件のポイント

1.渋谷エリア至近・アクセスに優れた好立地、公園に隣接した良好な住環境
2.素材選びからこだわった重厚感ある建物デザイン
3.「建替え円滑化法」個人施行方式による建替え事業
[画像2: https://prtimes.jp/i/47364/31/resize/d47364-31-514231-5.png ]



「クレヴィア渋谷富ヶ谷」の主な特長

1.渋谷エリア至近・アクセスに優れた好立地、公園に隣接した良好な住環境
東京メトロ千代田線「代々木公園」駅徒歩10分、小田急線「代々木八幡」駅徒歩10分とアクセスに優れた場所に位置しています。富ヶ谷は、松濤・神山町・上原など名だたる邸宅街に囲まれたエリアで、渋谷に徒歩圏内という高い交通利便性と落ち着いた住環境を兼ね備えています。また、富ヶ谷公園に隣接しており、眺望にも恵まれた希少な物件です。
[画像3: https://prtimes.jp/i/47364/31/resize/d47364-31-998271-2.jpg ]

2.素材選びからこだわった重厚感ある建物デザイン
建物に使用する素材は、自然の風合いや職人の手仕事感が伝わる素材を選び、“ここにしかない特別感”を感じられるよう、細部に至るまで美と質にこだわってデザインしました。

◆「織部製陶」の外壁タイル
[画像4: https://prtimes.jp/i/47364/31/resize/d47364-31-108734-1.jpg ]

外壁には「織部製陶」のタイルを採用。バルコニーの裏側にも施したタイルは、一枚一枚手仕事で作られているため風合いや色彩に異なる表情が生まれ、色・形ともに味わいがあります。周囲と調和する茶系をベースに、土本来の色を活かした上質なタイルを重ねることで、落ち着いた色合いとなり重厚感と高級感を演出しました。

◆「陶額堂」のガラスアート
[画像5: https://prtimes.jp/i/47364/31/resize/d47364-31-259715-4.jpg ]

エントランスホールは“富ヶ谷らしさ”を表現するアート空間として位置付け、ホテルや教育施設などのアート装飾を多数手がける「陶額堂」のガラスアートを設置。かつて近辺に3つの川が流れていた富ヶ谷の地歴と強固な地盤をモチーフとし、ガラスを川の流れに、土台の石を強固な岩盤に見立て、地下に貝の化石層があったことから光の乱反射による水しぶきを表現したりガラスを加工しシェルカットを施すなど、手作りだからこそ出せる風合いにこだわりました。

3.「建替え円滑化法」個人施行方式による建替え事業
本件は、「建替え円滑化法」に基づく個人施行方式により、「富ヶ谷スカイマンション」の建替事業を当社が個人施行者として行っている建替事業です。

【建替えの経緯】
「富ヶ谷スカイマンション」は、RC造・地上3階建、総戸数15戸のマンションとして1978年に竣工しました。
旧耐震基準建物であり、本件の着工時・築42年が経過し、水漏れやコンクリート劣化などの老朽化問題に加え、エレベーター未設置のため、1階住戸も含めて階段の利用が必要な形状である等、バリアフリー未対応に対する将来不安等の問題も抱えていました。必要な修繕・補修は行われてきましたが、当社からの提案をきっかけに2016~2017年にかけて建替えを含む再生の検討が開始され、「富ヶ谷スカイマンション」管理組合で議論を重ねた結果、将来に向け良好な居住環境とするためには、部分的に修繕を行うよりも建替えることが望ましいとの結論に至りました。
[画像6: https://prtimes.jp/i/47364/31/resize/d47364-31-875146-0.jpg ]

当社は、2016年頃より積極的に提案を行い、2018年3月に事業協力者として選定され、管理組合との協議や区分所有者との合意形成活動など、建替えに向け推進してまいりました。
2018年12月に建替え円滑化法個人施行による建替えの全員同意がなされ、2019年9月に施行認可、2020年3月に権利変換計画が認可され、2020年6月の新築工事着工に至っております。
 なお、当社は、保留床および区分所有者が入居する住戸以外を取得し、分譲事業を行っております。

【建物概要】

[表: https://prtimes.jp/data/corp/47364/table/31_1.jpg ]


【事業スケジュール】
・2018年3月 当社が事業協力者に内定
・2018年12月 円滑化法個人施行による建替え全員同意
・2019年9月 施工認可
・2020年3月 権利変換計画認可・権利変換期日
・2020年3月 解体工事着工
・2020年6月 新築工事着工
・2021年9月 竣工(予定)
・2021年11月 引き渡し(予定)

【建替えにあたってのポイント】
・当社が得意とする、小・中規模マンション(20~80戸程度)の建替え実現に向け、個々の区分所有者に寄り添った合意形成を目指した結果、全員合意にて建替えを進めることが出来ました。
・マンション建替え円滑化法に基づく個人施行方式による建替え実績を活かし、各区分所有者の個別状況に応じた柔軟な対応をすることで、建替えを進めることが出来ました。

【伊藤忠都市開発のマンション建替え事業の取組み】
当社の建替え事業は、これまでに8件の実績があり、マンション建替え円滑化法に基づく個人施行方式としては、本件が4件目となります。また、全国初のマンション建替え円滑化法個人施行事業、神奈川県初の同円滑化法個人施行事業や千葉県初の同円滑化法組合施行事業など、マンション建替えのパイオニアとして積極的に取り組んでいます。
昨今の老朽化マンションの増加に伴い、当社では全員同意による建替え実績(8件中6件)を誇る高い合意形成力を活かし、今後もマンション建替え事業に積極的に取り組んでまいります。


本物件に関するお問合せ先およびマンションギャラリー

・所在地: 東京都渋谷区代々木 2-1-1 新宿マインズタワー20 階
・アクセス: 都営新宿線・都営大江戸線・京王新線「新宿」駅A1出口直結
・電話番号: 0120-300-631
・営業時間: 平日11:00~20:00、土日祝10:00~20:00
・定休日: 水曜日(祝日除く)
・公式HP:  https://gcv-shinjuku.com/
・物件HP:  https://itochu-sumai.com/shibuyatomigaya/
[画像7: https://prtimes.jp/i/47364/31/resize/d47364-31-695476-6.png ]


企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング