企業内SNSのパイオニアのビート、スマートテクノロジーのグラモとアライアンスを締結、スマート家電型ソーシャルテクノロジーの共同研究開発を開始

PR TIMES / 2013年2月12日 12時2分

<地震や災害に立ち向かうソーシャルテクノロジーの研究を開始>

この度、社内SNSのパイオニア、(株)ビートコミュニケーションと(株)グラモはアライアンスを締結し、ソーシャルテクノロジーを用いた未来に向けたオフィス機器や家電のコントロールのできるプラットフォームの共同研究開発を開始した。



この度、エンタープライズソーシャルネットワークのパイオニア、株式会社ビートコミュニケーション(本社:東京都港区、代表取締役:村井 亮、以下 ビート)と株式会社グラモ(本社:埼玉県新座市、代表取締役:後藤 功、以下 グラモ)は提携し、スマートフォンで家電を操作できる「iRemocon」と次世代SNS「ビートシャッフル」を連携させることで、オフィス機器や家電のコントロールを行えるプラットフォームの共同研究開発を開始したことを発表します。

■今回の連携の背景
ビートとグラモは、オフィス機器や家電のコントロールをするソーシャルプラットフォームを共同開発の第一段階として行いました。またビートの村井代表はスマートテクノロジーの分野でソーシャルは今後、これまでとは異なる進化を遂げ、スマートソーシャルへトランスフォームしていくと考えています。そこで、遠隔での家電操作の分野で定評のあるグラモをアライアンスパートナーとして選定し、今回のアライアンスとなりました。今回、ソーシャルとスマート家電連携の第一ステップとしてグラモとのアライアンスと共同での研究開発を開始し、今後の製品・サービスへの反映を検討してまいります。

■ スマートソーシャル 3つの要素
スマートソーシャルの世界では、次の3つの要素が必要になって行くと考えられます。


まず最初は「ファミリーフィード」です。スマート家電SNSの場合、SNSの最少単位が家族になります。また状況に応じて会社や自治体というフィードに発展し、選択もできるようになっていくと考えます。


二つ目は、「家電機器との連携」です。人と家電機器だけでなく、機能と機器、いずれは機器同士も連携していくでしょう。未来社会では機器同士がお互い通信しあって、タイミングを調整したり、省エネモードで電力を時間帯にあわせて削減や補い合うことが可能になると考えます。


最後は「ライフログ」です。これは人々の生活を長期間デジタルデータとして保存する仕組みです。そこには食事の写真から思い出の動画やどこへ旅をしたかなどの位置情報なども含め、個人の過去の情報が人生史という形で詰まった世界になります。いずれは第三者がユーザーの画面からその人が人生で経験したさまざまな経験を追体験できるようになって行くと考えます。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング