テクノロジー企業成長率ランキング 第12回「デロイト アジア太平洋地域テクノロジー Fast500」発表

PR TIMES / 2013年12月6日 12時59分

-トップ5には日本企業が2社ランクイン
-昨年に続き台湾企業がトップ。台湾企業の1位獲得は全12回のランキングの中で7度目
-中国、インド、オーストラリアの企業がアジア太平洋地域におけるテクノロジー企業の成長を牽引



デロイト トウシュ トーマツ リミテッド(DTTL)は、2013年12月6日、アジア太平洋地域のTMT(Technology, Media & Telecommunications)業界における過去3年間の収益(売上高)成長率からなる成長企業500社のランキング、第12回「デロイト アジア太平洋地域テクノロジー Fast500」を公表し、中国最大手のモバイル通信関連会社のひとつであり、モバイル向けソフトウェアの開発や配信サービスを提供する台湾のChina Communications Media Groupがトップにランクインしたと発表した。 500社の平均売上高成長率は、昨年の467%からは減少したものの、356%という数字を記録した。中でも上位5社の平均売上高成長率は10,589%と、過去4年間のトップ5と比較しても高水準を実現し、上位10社の平均は6,483%と2012年(5,209%)に比べ増加した。売上規模では、上位9社が10億米ドルを超え、その9社を含む上位60社が1億米ドル~10億米ドルの売上高を記録した。

デロイト アジア太平洋地域テクノロジー Fast500 の DTTL リーダーおよび有限責任監査法人トーマツ パートナーの中山一郎は、「中国、インド、オーストラリアでは、急成長中の成功企業が増加しており、これらの企業は技術拠点を台湾にシフトしようとしています。これら3カ国からFast500にランクインした企業数の合計は過去3年間増加しており、それはDTTLが展開している市場において、画期的な技術革新が成功していることを示しています」と述べた。

デロイト グローバル TMT インダストリーグループ マネージング ディレクターの Jolyon Barker は、「アジア太平洋地域で最も活気にあふれ、独創性に富んだ企業は、力強い業績とともに、中国経済の減速、米国や欧州の景気低迷を克服しました。その功績が Fast500 プログラムのベンチマークとして刻まれていることは、特に経済成長が本質的な課題を突き付けられている昨今において、実に印象的です」と話した。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング