「無印良品の家」5年ぶりの新商品、新発想と新技術による都市型3階建て「縦の家」発売

PR TIMES / 2014年4月22日 10時19分

これまで誰も見たことのない、無印良品の家初の3階建て専用商品



「無印良品の家」のネットワーク事業を展開する株式会社MUJI HOUSE(本社 東京都豊島区 代表取締役社長 松井忠三)は、2014年4月22日(火)より同社の住宅事業では初めてとなる3階建て専用商品「縦の家(たてのいえ)」を発売致します。


□「縦の家」とは

「無印良品の家」の家づくりは、「永く使える、変えられる」という考え方を大切にしてきました。
時とともに成長し変化していく家族に寄り添うように柔軟に変えられる住まい。それが「無印良品の家」の特徴であり、永く使える理由でもあります。
無印良品の家として5年ぶりの新商品「縦の家」は、こうした無印良品の家のコンセプトを受継ぎながら、都市部の住宅密集地に建てられることを想定した3階建て専用商品です。敷地の大きさや日照条件など限られた環境の中でも、新採用の技術に支えられ、広く明るく暖かく暮らすための新しい発想によるこれまでにない3階建て住宅です。都市で快適に住む家は「縦方向にスキップする家」でした。


□「縦の家」の7つの特徴

(1)都市型だからこそ必要な高い断熱性能<新規採用技術 1. >
外断熱+充填断熱のハイブリッド断熱で、次世代省エネ基準を25%以上上回る断熱性能を確保。エアコン2台だけで家中の温度を快適にコントロールします。全棟「低炭素住宅認定」仕様です。

(2)都市の環境で安心して暮らせる家<新規採用技術 2. >
従来の高耐震高耐久構法のSE構法に加え、間口の小さな家でも耐力壁なしで開放感溢れる空間を実現するSE構法平角フレームを採用しました。

(3)都市の敷地に立体的に広く住む工夫<新発想の家のかたち 1. >
これまでの平面上の間取りnLDKという概念を払拭し、縦方向に立体的に空間をつなげることで、限られたスペースを広く使える新しい家のかたちです。

(4)ワンルームとスキップフロア<新発想の家のかたち 2. >
空間が「縦にスキップする」ことで、3階建てでありながら全体が緩やかにつながる、新しいワンルームのかたちです。

(5)6つのポーションを自由に配置<新発想の家のかたち 3. >
縦にスキップすることで緩やかにつながる6つの空間を自由に組み合わせることで、住む人の思い思いの暮らしを可能にする、新しい暮らし優先のかたちです。

(6)適材適所で気持ちのいい窓<新発想の家のかたち 4. >
暖かさや明るさを得るためにはなるべく南側に大きな窓を、という既成概念にとらわれず、通風や採光を得やすい場所に積極的に大きな窓を取付ける、新しいパッシブのかたちです。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング