北海道初!店内にあるもの全てにらくがきできるカフェ 『SAPPORO RAKUGAKI Cafe by Pentel』

PR TIMES / 2014年12月5日 18時58分

2014年12月6日(土)~2015年1月18日(日)札幌に期間限定OPEN

ぺんてる株式会社(東京都中央区日本橋小網町7-2 社長 和田 優 TEL03-3667-3333)は、「チームラボ 学ぶ!未来の遊園地 at ユメミル☆ひろば(チームラボ 学ぶ!未来の遊園地 at ユメミル☆ひろば 実行委員会主催)」内にRAKUGAKIプロジェクト第2弾となる「SAPPORO RAKUGAKI Cafe by Pentel」を2014年12月6日(土)から2015年1月18日(日)の期間限定でオープン致します。



ぺんてるは、2013年より新ビジョンとして、表現のための多彩な道具を世界中の人々に届け、表現する文化を支え、表現する未来を切り開く会社になることを掲げております。
ぺんてるが考える「表現」とは、「頭の中で浮かんだ事を感じるままに素直に表すこと」と意味します。
我々大人の多くは、いつしか人の目を気にするようになり、思いついたことを自由に表現することにためらいを持つようになってしまいました。
「表現」を通じ、「ぺんてるがあったからこそ、自分の夢に一歩近づけた。」ぺんてるは、そう言われる会社を目指しております。そして『SAPPORO RAKUGAKI Cafe by Pentel』は、より多くの方に「表現」することを体験いただく時間と空間を提供します。本企画は、ぺんてる新ビジョンを具現化したプロジェクトです。

本企画は、2014年12月6日(土)から2015年1月18日(日)までサッポロファクトリー1条館3F特設会場にて、オープン致します。
「チームラボ 学ぶ!未来の遊園地」は、共同で創造する「共創(きょうそう)」の体験を学ぶ空間です。最新のデジタルテクノロジーを使い、子どもたちが同じ空間で、自由に体を動かし、互いに影響を与えながら、共同的で創造的でアートな体験を楽しめます。「RAKUGAKI」により多くの方に「表現」することの「楽しさ」「おもしろさ」を体験する空間です。両社の「体験」というテーマが合致したことにより、実現致しました。
また、人気アトラクション「お絵かき水族館」で使用するクレヨンは、ぺんてるが協賛をしています。

イベント概要 〈特徴〉
1.普段出来ない、壁、床、机など、店内にあるものすべてにらくがき出来るカフェです。
 自由に好きなものを書いて思いっきり楽しめます。
2.はがきに描いたらくがきが動き出す「ARアプリ」が楽しめます。
3.らくがきを楽しめるプレートやパステルカラーのドリンクなど「ぺんてる」らしいメニューを用意しています。
4.最新のデジタルテクノロジーの世界とアナログの世界の楽しさを体験できます。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング