株式会社シャノン、イベント開催・展示会出展に関するアンケート調査実施

PR TIMES / 2013年9月6日 16時45分

緊急レポート、出展する立場でありながら予算がわからない!
開催・出展目的は、企業や製品・サービスの認知度向上が1位!




株式会社シャノン(本社:東京都港区、代表取締役:中村健一郎、以下シャノン)は、毎年行っているBtoBマーケティングの意識・課題調査とは別に、イベント開催・展示会出展への取り組み状況と課題にフォーカスしたアンケート調査を今年から実施いたしました。本日その調査結果と分析内容を発表いたします。


今や多くの企業が売上に貢献する有効手段のひとつと捉え、継続的に取り組んでいるイベント・展示会。
シャノンでは、本レポートの中で、それらイベント・展示会において「開催する立場」、「それに出展する立場」、
「提案する立場」、それぞれの立場での課題や共通点に対する解説を交えて、その現状を打破するために、4つの提言を行っていきます。

■イベント開催や展示会出展において抱えている現状の課題
~予算確保に直結する課題、そこに見える「負のスパイラル」~


追加予算、次年度のイベント展示会向けの予算を確保するには、運営効率、商談・見込客獲得効率の向上が必須になります。その中で、運用効率の観点からは「リソース不足」、成果の観点からは商談・見込客を獲得するための「事後フォロー不足」といった課題が上位に現れている結果となり、イベント開催・展示会出展に取り組む企業が負のスパイラルに陥っている実態が浮き彫りなりました。


■イベント開催や展示会出展の目的

~実際感じている効果の効果測定とは~

各企業によって目的に対する効果測定は様々だと思われる中、1番多かった目的が「企業や製品・サービスの認知度向上」、次に「見込客の獲得」「商談の獲得」と続きます。


商談獲得よりも見込客獲得を目的にする企業の方が多く、見込客の育成に取り組む企業の増加がうかがえます。そのような状況の中で、課題の上位であった「事後フォローができていない」という点についてその解決が急がれます。

これら目的に対して感じている効果で1番多かったのが「認知度が向上している」でした。認知度のような計測がしにくい効果に対して予算を獲得しなければならない中で、一体どのように効果を測定しているのでしょうか。
本レポートでは、イベント開催や展示会への投資と得られた効果を立場別に数値化し、開催や出展に対する年間の予算感や開催・出展数、来場者数と併せて解説していきます。

■ シャノからの4つの提言
~現状の負のスパイラルを断ち切るために必要な4つのこと~

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング