1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

デルタ航空、シティカードジャパンとの提携クレジットカードのサービスを拡張

PR TIMES / 2012年3月6日 15時48分



【東京、2012年3月6日】 - デルタ航空(NYSE:DAL)は本日、シティカードジャパン株式会社との提携クレジットカードである「デルタ スカイマイル シティ ゴールドVISAカード」、「デルタ スカイマイル シティ プラチナVISAカード」、「デルタ スカイマイル ダイナースクラブカード」について、2012年3月16日よりサービス内容を拡張することを発表しました。

今回の改訂により、スカイマイル提携カード会員のお客様へのサービスを大幅に改善することになります。なお、「デルタ スカイマイル シティ クラシックVISAカード」会員のお客様は、「デルタ スカイマイル シティ ゴールドVISAカード」に自動的にアップグレードされます。

主なサービス拡張および新たに追加された特典は以下のとおりです。

サービスの拡張
- マイル還元率の向上
100円毎の獲得マイル数を増やし、これまでの1マイルから、ゴールドカード1.3マイル、プラチナカード1.5マイル、ダイナースクラブカード1.5マイルに変更。

- 入会ボーナスマイルの増加
ゴールドカードとダイナースクラブカードは5000マイルから6000マイルに変更。(プラチナカードは引き続き10,000マイル。)

- ファーストフライトボーナスマイルの増加
新規入会後6ヶ月以内にデルタ航空が運航する日本発着国際線のフライトに購入航空券で往復利用された場合、エコノミークラスで10,000マイル(改訂前は2,000~7,000)、ビジネスエリートで25,000マイル(改訂前は5,000~10,000)のボーナスマイルを付与(入会ボーナスマイル獲得かつフライト完了が条件)。

- 年会費の引き下げ
プラチナVISAカードの年会費を58,800円から42,000円に引き下げ。

- デルタスカイクラブ利用特典の追加
ゴールドカードとダイナースクラブカード会員は、新たに年間3回までの利用特典を追加。改訂前はプラチナカード会員のみ(年間6回まで)。入室の際、対象クレジットカードの提示が条件。

新規特典
- 更新時のボーナスマイル
カード更新時のボーナスマイルを新たに設定。(ゴールドカードとダイナースクラブカードは、3,000マイル、プラチナカードは5,000マイル)

- 初年度年会費優遇
入会後3ヶ月以内に一定額(ゴールドカードは20万円、ダイナースクラブカードとプラチナカードは30万円)ご利用の場合、初年度年会費の半額を返金。

サービス内容の詳細または提携カードのお申し込みについては、下記をご参照ください。 http://www.citibank.co.jp/ccsi/ja/cob/dlt/01_bau_1/index.html

今年31年目を迎えるスカイマイルは、航空業界で最も長い歴史を持ち、また最も成功しているマイレージプログラムの一つです。デルタ航空、デルタシャトル、デルタコネクション運航便の購入航空券で、マイルを100%ご獲得いただけるほか、スカイチーム加盟航空会社でもマイルが貯まるなど、マイルを獲得しやすいマイレージプログラムとして広く認知されています。日本では提携クレジットカードをはじめ、提携会社による10以上のサービスをご利用いただくことによりマイルを獲得することができます。提携クレジットカードをお持ちのお客様は、貯めたマイルをJTB国内パッケージツアー旅行券やスカイマークの国内特典旅行などにもご利用いただけます。デルタ航空では、特典航空券をはじめ、ショッピングやレンタカー、ホテルなど、マイルの利用機会を順次増やしています。詳しくはホームページdelta.comをご覧ください。

シティカードジャパン株式会社について
シティカードジャパン株式会社は世界有数のクレジットカード発行体であるシティグループの日本におけるクレジットカード事業を行っています。現在発行している二つのブランド、ダイナースクラブカードとシティカードそれぞれの特性を生かした商品・サービスは、長年にわたり多くのお客様から支持をいただいています。ダイナースクラブは1960年に日本で初めてクレジットカードを発行、ステータスの高い独創的なカードとして認知されています。また、シティカードはシティグループのグローバルネットワークな強みを生かした商品・サービスを提供しています。

デルタ航空について
デルタ航空は年間1億6,000万人以上の搭乗者数と広範なネットワークを持つ航空会社です。昨年はトラベルウィークリー誌の読者により「米国内ベストエアライン(domestic “Airline of the Year”)に、PCWorld誌の「最もテクノロジーの進んだ(Tech-Friendly)米国航空会社」に選出されたほか、ビジネストラベルニュース誌のエアラインサーベイでも賞を受賞しました。デルタ航空およびデルタ・コネクションの運航便とあわせて、世界62カ国、343都市に向けてフライトを運航しています。世界で8万人以上の従業員を擁し、700機以上の主要機材を運航しています。 デルタ航空は、航空連合(アライアンス)「スカイチーム」の創立メンバーとして、大西洋路線においてエールフランス-KLM、アリタリア-イタリア航空とともに、共同事業を展開しています。アトランタ、シンシナティ、デトロイト、メンフィス、ミネアポリス/セントポール、ニューヨーク(JFK)、ソルトレイクシティ、パリ(シャルルドゴール)、アムステルダム、東京(成田)をハブ空港とし、提携航空会社と合わせて一日に1万3,000便以上のフライトを運航しています。 デルタ航空のサービスには、世界最大のマイレージプログラム「スカイマイル」、各賞を受賞しているビジネスクラス「ビジネスエリート」、世界中の空港に50箇所以上設置しているラウンジ「デルタ スカイクラブ」等があります。デルタ航空は2013年にかけて総額20億ドルを投じて空港施設やプロダクト、空港および機内での顧客サービス向上とテクノロジー導入を進めています。詳しくはホームページdelta.comをご覧ください。


企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング