UL、オンライン情報提供サービス「UL IDESプロスペクター」を 第2回高機能プラスチック展で紹介 ~グローバルで供給されているプラスチック材料を迅速かつ容易に検索可能に ~

PR TIMES / 2013年4月1日 16時34分

会期: 4月10日(水)-12日(金) 、会場:東京ビッグサイト

米国の第三者安全科学機関UL Inc. (本社:イリノイ州ノースブルック、以下UL)の日本法人である株式会社UL Japan(本社:三重県伊勢市、以下UL Japan)は、4月10日(水)より東京ビッグサイトで開催される「高機能プラスチック展」にブース出展し、ブース内でプラスチック材料の情報提供サービス「UL IDESプロスペクター」(以下、プロスペクター)を紹介します。



今回紹介するプロスペクターは、2012年7月にULが買収したプラスチック情報会社IDES社のサービスを引き継いだものです。ULは現在、製造業向け新サービスとして、材料情報を一元管理したデータベースビジネスに注力しており、世界トップクラスのプラスチック情報会社であったIDES社のほかにも、2013年1月に、化学薬品および原材料の検索・情報交換プラットフォームを提供するInnovadex社を買収するなど、データベースビジネスを急速に拡大させています。


プロスペクターの利用者は、世界各地の設計エンジニアおよび加工業者など約38万人にものぼり、プラスチック材料情報の検索に留まらず、データシート閲覧など多機能かつ無料のオンラインサービスとして幅広く活用されています。また、部品・材料、自動車、家電、建材等の多国籍にわたるグローバル調達が課題となっている産業では、グローバル市場での競争力を高めるサービスとしても役立てられています。


プロスペクターには、ユーザーの利便性を考慮し、より詳細な絞り込み検索を可能にし、目的に応じた迅速かつ容易な情報提供を実現する有料版もあります。プロスペクターは、プラスチック製造・販売者のセールスおよびマーケティングツールとして、世界各地のユーザーへ向け効率的に自社製品の情報を発信することも可能です。


本展示会のUL Japanブースでは、プロスペクターの他にも、EV充電インフラ、太陽光モジュール、バッテリー、LEDなどの材料向けUL安全規格に基づく試験・認証サービス、そして製品・材料のリサイクル材・有害物質含有の検証、揮発性有機化合物(VOC)など化学物質の排出測定試験、米国環境基準の「グリーンガード認証プログラム」といった環境関連サービスも紹介する予定です。


(*)プロスペクターの対応言語: 日本語、英語、中国語、ドイツ語、フランス語、スペイン語

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング