カラオケJOYSOUND 上半期ランキング 発表!!AKB48が2冠達成、VOCALOID楽曲の人気も過熱!

PR TIMES / 2012年6月11日 12時19分



 株式会社エクシング(本社:名古屋市瑞穂区、社長:吉田篤司)は、6月11日(月)、業務用通信カラオケ「JOYSOUND」シリーズ、および「UGA」シリーズにて歌唱された楽曲の回数に基づき集計した「2012年JOYSOUND上半期ランキング」を発表します。

▽上半期ランキング 特集ページ: http://joysound.com/st/ranking2012/
※集計期間:2012年1月1日~5月31日。6月の1ヶ月分によるランキングへの影響が軽微であるため、速報として発表。

 楽曲ランキングでは、昨年に引き続きAKB48「ヘビーローテーション」が首位を獲得しました。先日、6月6日に日本中の注目を集めた「AKB48 27thシングル選抜総選挙」では、33位から48位にランクインした「ネクストガールズ」が「JOYSOUND」のイメージキャラクターに就任。もはや、音楽活動にとどまらない活躍を見せる彼女たちから、益々目が離せません。また、少女時代やKARAが存在感を示した昨年とは一転、ランキング初登場で2位という鮮烈なデビューを遂げたのが、WhiteFlame「千本桜」。このほか、ハチ「マトリョシカ」が5位に、ハチ「パンダヒーロー」が15位にランクインするなど、いま若い世代を中心に支持を獲得しているVOCALOID楽曲が頭角を現しました。JOYSOUNDでは、2007年11月にカラオケとして初めてVOCALOID楽曲の配信をスタートし、今月には業界最多の2,000曲を突破する予定です。益々加熱するVOCALOID楽曲の人気と、次々に生み出されるヒット曲の数々に、今後も注目が集まりそうです。

 アーティストランキングにおいては、楽曲ランキングでも首位を獲得したAKB48が1位に輝き、昨年に続く2冠を達成しました。2位以降では、今年、活動20周年を迎えたMr.Childrenや、L'Arc~en~Cielがランクアップを果たしたほか、代表曲「女々しくて」がカラオケの盛り上げソングとして支持を集めたゴールデンボンバーが圏外から18位に急浮上と健闘しました。

 このほかにも、JOYSOUND.comに開設中の「2012年JOYSOUND上半期ランキング」特集ページでは、バラエティに富んだジャンル別ランキングを掲載しております。是非、ご覧ください。



※「VOCALOID」はヤマハ株式会社の登録商標です。  
※選曲番号別ではなく、楽曲別として、“本人映像カラオケ”や“アニメカラオケ”等のオリジナルコンテンツも合算したランキングです。


企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング