セーブ・ザ・チルドレン・ジャパンが宮城県の平成26年度都市緑化功労者として表彰されました

PR TIMES / 2014年6月19日 15時29分

東松島市における5つの公園整備事業が対象

2014年6月18日、子ども支援専門の国際組織である公益社団法人セーブ・ザ・チルドレン・ジャパン(理事長:上野昌也 / 専務理事・事務局長:千賀邦夫、以下SCJ)は、東松島市における公園整備事業をご支援いただいたサウジ・アラビアン・オイル・カンパニー(社長兼CEO:カーリッド A. アルファレ、以下サウジアラムコ)、株式会社プレナス(代表取締役社長:塩井辰男、以下プレナス)とともに宮城県の平成26年度都市緑化功労者として表彰されました。今回の表彰は、東松島市の推薦によるもの。表彰式では「都市公園の整備に率先尽力した」と評されました。




公園整備事業とは
東日本大震災の影響で、公園や広場が壊滅的な状態となる等、子どもの遊び場が減少した地域があります。SCJは、2011年8月より宮城県石巻市、東松島市において、子どもが安心・安全に遊び・学び・成長する場づくりのひとつとして、公園整備事業を実施してきました。本事業の特徴は、行政、企業、NGOの三者が地域の子どもや大人とともに、社会における自らの役割を果たしつつ、手を取り合って被災地の子どもの安心・安全な場の提供に取り組んでいるという点です。東松島市では、大塩地区新山公園の整備、および、赤井・小野・矢本地区の4つの公園における遊具設置事業を行いました。

地域の子どもや大人の声を事業に取り入れる
SCJの公園整備事業のユニークな点は、通常の公園整備事業のプロセスに、地域の子どもや大人の声を反映させる取り組みを導入したことです。「公園のことは、公園でよく遊んでいる子どもたちが一番よく知っているはず」という理念より、アンケート、デザインコンテスト、オープニングセレモニーへの参加など、子どもたちが公園整備プロセス等に積極的に関わることができるような支援を実施しました。


アンケート

「公園ではどんな遊びをしているの?」「なぜ◯◯公園に行く人が少ないの?」といった質問で、子どもたちの公園利用状況や、公園に対して望んでいることを聞き出しました。子どもたちからは「トイレ・屋根付き休憩所があるといい」「みんなが楽しめるアスレチック系遊具があるといい」といった声が上がりました。


子ども参加によるデザインコンテスト

アンケートを基に作成した公園デザイン案を、学校で子どもたちが投票したり、地域のイベント時に地域の子どもや大人が投票する機会を設けたりして、子どもたちの声が公園のデザインに反映されることに。子どもたちは最終デザイン案を選ぶことで、「自分たちの公園」といった意識が高まります。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング