投資分析アルゴリズム配信サービス「マネックスシグナル 先物」開始のお知らせ

PR TIMES / 2013年4月8日 11時32分

~ロボット(投資分析アルゴリズム)による投資判断をメール配信~



マネックス証券株式会社(以下「マネックス証券」)は、2012年2月に開始した、投資分析アルゴリズム(注1)(以下、「ロボット」)の投資判断情報をメール配信するサービス「マネックスシグナル」に続き、本日2013年4月8日(月)より先物取引に対応した「マネックスシグナル 先物」を提供開始いたしますので、下記の通りお知らせいたします。

従来の「マネックスシグナル」は、サービス開始以来、変動する相場環境へ適応すべく改良を重ね、多くのお客さまからご好評をいただいています。今般の「マネックスシグナル 先物」は、お客さまからのご要望が多かった日経225先物取引への対応を実現したものです。

「マネックスシグナル 先物」について

1.サービス概要
名称 :マネックスシグナル 先物
申込開始日 : 2013年4月8日(月)
配信開始日 : 2013年4月9日(火)
内容 : ロボットの投資判断の内容をメール配信
シグナルの内容: 大阪証券取引所の日中取引での日計り取引を想定したシグナル
配信頻度 : 毎営業日
対象銘柄 : 日経225先物の直近限月
利用料 : 月額500円(税込)
申込方法 : マネックス証券ウェブサイトより申込

2.特徴
「マネックスシグナル 先物」は、ロボットの判断結果を新規の買い・売りのシグナルとして日中取引の寄付前にメールで配信するサービスです。ロボットは毎営業日、日経225先物のほかにCME日経平均先物(円建て)の価格動向も含めて、過去数日間の取引価格帯を分析し、メール配信当日に日経225先物は「買い」または「売り」であるという判断を行います。
ロボットは、大阪証券取引所で行われる日中取引の寄付で新規取引を行い、同日の日中取引の引けで決済取引を行うことを想定してシグナルを出しているため、反対売買のシグナルは配信されません。
配信するメール本文には、過去の日経225先物の価格動向から想定される、適切な「利益確定幅・損切り幅」を記載しております。日中取引の引けで決済取引を行う以外に、日中取引中に価格が「利益確定幅・損切り幅」に達した場合には、その時点で決済取引を行うことも推奨しています。
また、投資判断の結果については、「利益確定幅・損切り幅」を考慮した上での評価を盛り込んだ前週分の結果を、週に1度「パフォーマンス検証」として別メールにて報告する予定です。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング