2013年世界の不動産投資額 4年連続増加の5,630億ドル(21%増)

PR TIMES / 2014年2月5日 11時38分

日本は前年比1.6倍の410億ドル(円建てで2.0倍の3兆9,890億円) 2014年世界の投資額は6,500億ドルと予測

総合不動産サービス大手のジョーンズ ラング ラサール(本社イリノイ州シカゴ、社長兼最高経営責任者コリン・ ダイアー、NYSE JLL、以下:JLL)がまとめた投資分析レポートによると、2013年通年の世界の商業用不動産投資額は、5,630億ドル※1(前年比21%増)、と、2010年以来4年連続の増加となりました。また、日本の商業用不動産投資額は、前年比63%増の410億ドル、円建てでは101%増の3兆9,890億円※2となりました。不動産への投資活動は引続き活発化する傾向にあり、JLLは2014年の世界商業用不動産投資額の見通しを、6,500億ドルとしています。レポートのハイライトは以下のとおりです。



Ÿ2013年通年の世界の商業用不動産投資額は、前年比21%増の5,630億ドルとなった。アメリカ大陸、EMEA、アジア太平洋地域の全地域で前年を上回り、それぞれ18%増、21%増、29%増となった。5,630億ドルは、2007年のピーク時の取引額7,580億ドルの74%までの回復となった。(図表1)
Ÿ2013年第4四半期の世界の投資額は、前期比41%増、前年同期比22%増の1,980億ドル。2,000億ドル超だった2007年第2、第3四半期に次ぐ高水準だった。(図表1)
アジア太平洋地域の2013年通年の投資額は、過去最高額の1,270億ドル(前年比29%増)となり、前回のピークである1,210億ドル(2007年)を上回った。主なけん引役として、アベノミクスにより市場が活発化した日本、過去最高取引額を記録した中国、中国資本により取引が活発化したオーストラリア及びシンガポールがあげられる。(図表1、2)
Ÿ2013年通年の日本の投資額は、ドル建てで410億ドルとなり、2012年通年の投資額(252億ドル)を63%上回った。一方、円建てでは3兆9,890億円となり、2012年通年の投資額(1兆9,850億円)を101%上回った。
Ÿ日本の2013年第4四半期の不動産投資額は、前年同期比49%増の115億ドル、円建てでは84%増の1兆1,460億円となった。イオンリート投資法人とSIA不動産投資法人の2銘柄が新規上場、また1,000億円を超える大型物件の取引は無かったものの100億円~300億円の比較的大きな物件の取引が多く見受けられたことなどが相まって、2013年年間を通じて投資額が最も多い四半期となった。
Ÿ2013年通年で最も取引が活発だった都市は、前年同様1位はロンドン(357億ドル)、2位はニューヨーク(314億ドル)となった。3位は東京(184億ドル)となり、前年3位だったパリを上回った。(図表3)
Ÿ取引活動が好調だった2013年の勢いを維持し、2014年通年の取引額は、2013年取引額から15%増加の6,500億ドルになると予測している。(図表4)

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング