バリューデザインのコード決済事業者接続サービス、「au PAY」に対応

PR TIMES / 2019年8月31日 4時40分

~ハウス電子マネーとキャリア系キャッシュレス決済の接続を開始~



 株式会社バリューデザイン(本社: 東京都中央区、代表取締役社長: 尾上 徹、東証マザーズ:3960、以下バリューデザイン)は、ハウス電子マネーとスマートフォンによる複数のコード決済を一括して提供する決済接続サービスにおいて、KDDI株式会社(東京都千代田区、代表取締役社長:高橋 誠)が提供するスマホ決済サービス「au PAY」との接続に2019年8月30日より対応することをお知らせいたします。

 バリューデザインは、全国約7万の飲食・小売店舗などを対象にハウス電子マネー管理システム「バリューカード ASP サービス」の導入とそれを活用した販促・集客支援を行っております。また、2019年4月からは同サービスの機能を拡充し、店舗のPOSレジ側で国内外の様々なQR等コード決済サービスを識別・中継する機能を提供しており、これにより「バリューカードASPサービス」の導入店舗は、自社電子マネー以外にも複数のQRコード決済サービスを導入コストを抑えつつ追加導入することが可能になります。
 バリューデザインでは、これまでにITサービス事業者や金融機関等が提供するキャッシュレス決済サービスとハウス電子マネーの接続対応を行っており、新たにキャリア系の決済サービスとの接続も開始いたしました。この度は、登録者数400万人超※1の「au PAY」に対応することで、「バリューカードASPサービス」の導入店舗のキャッシュレス決済導入と、更なる利便性向上を図ります。

<サービスイメージ>
[画像: https://prtimes.jp/i/11455/32/resize/d11455-32-245826-0.png ]

 バリューデザインでは、今後も順次接続可能なコード決済サービスの拡大と、「バリューカードASPサービス」の導入店様へのコード決済サービスの導入支援を行い、キャッシュレス決済の普及推進、キャッシュレス社会の実現への貢献を行ってまいります。

※1 KDDI株式会社 2020年3月期 第1四半期決算説明会資料より

<バリューデザインについて>
【商 号】株式会社バリューデザイン
【本 社】東京都中央区八丁堀3-3-5 住友不動産八丁堀ビル6F
【U R L】 https://valuedesign.jp/
【設 立】2006年7月
【代表者】尾上 徹
【事業内容】
ハウス電子マネーの発行、ギフトカードの発行・ポイントカードの発行などを飲食・流通業を中心に提供しており、導入社数710社、総店舗数70,081店舗(海外含む)は導入社数・店舗数ともに国内最多となります(2019年7月時点)。
また、海外でも中国をはじめとするアジア地域7か国でサービス展開を行っており、今後も同地域を中心に更なる事業拡大を加速するほか、Fintech関連業種との提携によるサービス拡充も実施していきます。

※記載されている社名、製品名、ブランド名、サービス名は、すべて各社の商標または登録商標です。

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング