1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

FAXやメールで受け取った注文書を自動でデータ化!「注文書革命DX」をリリース

PR TIMES / 2021年9月1日 12時45分

~アナログ運用から脱却できなかった注文書の処理業務を大幅効率化~

株式会社インフォディオ(本社:東京都文京区 代表取締役:勝本伸弘、以下「当社」)は自社独自開発のAI-OCRソリューション「スマートOCR」をベースにした注文書処理特化型ソリューション「注文書革命DX」を2021年9月1日にリリースしたことをお知らせいたします。



[画像: https://prtimes.jp/i/27032/32/resize/d27032-32-014119dc6366af572668-0.png ]


背景
多くの国内企業においては、注文書処理業務は今でもアナログな運用が残っており、生産性向上が課題となっております。
これは主に次のようなことが原因となっています。
1.注文書がFAXやメール添付ファイルで届くことが多く、注文情報を人によって基幹システムへ入力する手間がかかる。
2.FAXの注文書には手書き文字が存在する上、歪みやノイズも多く、従来のOCR製品では読み取り精度が実用レベルに至らなかった。
3.注文書に記載された商品明細のデータをマスターデータと照合して、チェックする業務も非常に手間がかかっていた。

「注文書革命DX」について
「注文書革命DX」は非定型帳票対応を得意とするAI-OCRエンジンの「スマートOCR」をベースに、FAXやメールで受信したPDF等の注文書を自動で取り込み、データ化まで実現するオールインワンパッケージとなります。
RPAを別途でご用意いただく必要はなく、FAXサーバーのAPI連携、メールソフトからの添付ファイル取り出し、複合機の保存フォルダ監視など、データ取り込みのソリューションもセットでの提供となり、RPAの導入に比べ、コストや導入期間を大幅に削減することが可能です。
既に多くの実績を持つAI-OCRエンジンであるスマートOCRを使用しているため、FAXのような歪みやノイズの多い帳票においても、高精度な文字認識を実現します。
また、OCR導入時のテンプレート作成、自動振り分け設定など、導入準備作業の代行が初期費用に含まれており、業務への負担をかけずに運用を開始できる点も「注文書革命DX」の特徴です。

製品詳細
「注文書革命DX」webサイト
https://www2.smartocr.jp/po-kakumei-dx/

製品価格
初期導入費用12万円~
月額費用3万円~
※詳細はお問い合わせください。


【AI-OCRソリューション「スマートOCR」について】
AI-OCRソリューションである「スマートOCR」では定型・非定型の様々なフォーマットの帳票を汎用的にデータ化することが可能で、すでに多くの企業に導入いただき、デジタル化、ペーパーレス化に貢献してまいりました。「スマートOCR」では位置指定だけでなくルール定義・データ抽出AIにより、スマホなどから撮影した写真のOCR変換・データ化を可能としてきました。位置指定でないため、スマホで撮影した写真や、ゆがんだ写真などでも帳票をデータ化することができます。
データ抽出パッケージとして、「請求書」「領収書・レシート」「名刺」「運転免許証」「健康保険証」「決算書」「源泉徴収書」をリリースしており、今後もさまざまな用途のものをリリース予定です。
「スマートOCR」の詳細はこちら  https://www.smartocr.jp/solution/

【用語解説】
・OCR(Optical Character Recognition)
光学式文字読み取り装置。印刷物などの文字を、光を当てることで読み取り、テキストデータに変換する仕組み。

【お問い合わせ先】
本製品についての詳細につきましては、以下よりお問い合わせください。
株式会社インフォディオ
お問合せフォーム: https://www.smartocr.jp/contact/
メール:ocr_support@infordio.co.jp
お電話:03-3868-2888 (OCRソリューション部 担当者 宛)


■株式会社インフォディオ( https://www.infordio.co.jp/
本社所在地 : 東京都文京区本郷二丁目27番20号 本郷センタービル5階
設立 : 2002年7月
代表者 : 代表取締役 勝本伸弘
資本金 : 1億円 ( 株式会社アイリックコーポレーション: 100%)
事業内容 :AI-OCRソリューション「スマートOCR」の開発・運用・販売
ソフトウェア受託開発およびソフトウェア製品開発(金融機関、独立行政法人、通信会社等)

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング