爆笑絵本「おならしたのだぁれ?」を8/7より全国の書店にて発売開始

PR TIMES / 2020年8月7日 16時45分

保育士さん100人と一緒に本気で考えた「子供が夢中になる絵本」

株式会社サンクチュアリ・パブリッシング(本社:東京都 代表取締役:鶴巻謙介)は、2020年8 月7 日(金)より、絵本「おならしたのだぁれ?」を全国の書店にて発売いたします。



[画像1: https://prtimes.jp/i/27449/32/resize/d27449-32-171769-0.jpg ]

https://www.amazon.co.jp/dp/4801400795/

この絵本は、これまで「ぜったいに おしちゃダメ?(累計60万部)」シリーズなどを手がけてきたサンクチュアリ出版の最新作です。
小さな子どもたちに「大笑いしてほしい」という一心で時間をかけて制作しました。

小さな子どもたちにとって「一体なにが面白いのか?」は、大人の理屈だけでは到底わかりません。
そこで保育士さんたちの協力を得て、何度も読み聞かせの実施&フィードバックを繰り返しました。
無数のトライアンドエラーの結果判明した小さな子どもにとって心地よい、言葉のリズム、展開のしかた、
色の使い方や、線の太さにいたるまでありとあらゆる工夫が、この1冊に凝縮されています。
ぜひみなさんのご家庭で、その効果を試してみてください!




工夫その1 幼少期の子どもが大好きな色づかい



[画像2: https://prtimes.jp/i/27449/32/resize/d27449-32-950224-3.jpg ]




工夫その2 「おなら」だけど、どこかにくめないタッチ



[画像3: https://prtimes.jp/i/27449/32/resize/d27449-32-172387-4.jpg ]



工夫その3 子どもが直感で全体を理解できるように計算したレイアウト


[画像4: https://prtimes.jp/i/27449/32/resize/d27449-32-892809-5.jpg ]


実際に読み聞かせをした方からは

「我が家では、兄妹でケンカになるほど本を気に入っており取り合いをし、何度も読んでいました!」
「我が子(3歳)はゲラゲラと笑いながら、もう一回読んで、もう一回読んでと、その日だけで五回は読みました」
「保育園での読み聞かせでは、おならと題名を言うだけで食いついて盛り上がっていました」
などのお声をいただいています。

■著者について
加納 徳博 Tokuhiro Kanoh
1981年大阪府生まれ。大阪芸術大学卒。大阪・東京のギャラリーを中心に定期的に個展を開催。書籍・雑誌の媒体や広告・駅の公共ポスターや、大ヒットカードゲーム「はぁって言うゲーム」など、必ず一度は目にした事のあるイラストレーションを多数手がける。

====================
おならしたのだぁれ?

加納徳博(著)
2020年08月07日 発売
ISBNコード 978-4-8014-0079-5
168mm×164mm/フルカラー/上製/角丸/32P
価格:980円+税
====================

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング