【パティスリー・サダハル・アオキ・パリ】マロンスイーツ

PR TIMES / 2019年8月15日 12時40分

新作を含めた充実のラインナップで秋の味覚「栗」を存分に堪能!サダハルアオキが魅せる栗×和洋素材の様々なスイーツ

パティスリー・サダハル・アオキ・パリでは、新作2種類を含めた9種類のマロンスイーツを8月23日(金)より国内直営5店舗にて順次販売いたします。



[画像1: https://prtimes.jp/i/29116/32/resize/d29116-32-481403-0.jpg ]

素材にこだわり、和素材をフランス菓子に巧みに取り入れるパティシエ、サダハル アオキ氏。
アオキ氏が自分の理想とするおいしさを表現するために和栗と洋栗を使いわけ、和素材・洋素材を絶妙に組み合わせることで栗のおいしさを存分に引き出したマロンスイーツが全部で9種類登場します。
[画像2: https://prtimes.jp/i/29116/32/resize/d29116-32-239647-1.jpg ]



「栗×●●」の様々なスイーツ

優しい甘みやほくっとした食感を持つ栗にアオキが合わせる素材は、濃厚な味わいのキャラメルや芳醇な香りのラム酒などの洋素材だけでなく、上品な香りと苦みを持つ抹茶やほろりとほどけるような食感とコクを加える白餡などの和素材まで様々。
ホロホロと崩れる食感のパイ生地を合わせたり、砂糖掛けでコーティングしてシャリシャリした食感を加えた
りと、アオキのマロンスイーツは味わいだけでなくテクスチャーにもこだわります。


[画像3: https://prtimes.jp/i/29116/32/resize/d29116-32-279869-2.jpg ]


「洋栗×抹茶」のパリブレスト オ マロン マッチャは栗のやさしい甘さを閉じ込めたクリームに心地よい苦みを持つ抹茶のクリームを重ねました。


[画像4: https://prtimes.jp/i/29116/32/resize/d29116-32-385618-3.jpg ]


毎年好評のケーク オ マロンは「洋栗×ラム酒」の芳醇な味わいが広がる大人のケーク。砂糖掛けをして仕上げるためシャリシャリした食感も楽しめます。


[画像5: https://prtimes.jp/i/29116/32/resize/d29116-32-450426-4.jpg ]


「和栗×ショコラ」の組み合わせのモンブラン オ ワグリは名前のとおり和栗を存分に楽しめるように仕立て
た新作のモンブラン。ケーキの底の部分にはショコラのマカロン生地が入った新しいおいしさです。

商品概要


[画像6: https://prtimes.jp/i/29116/32/resize/d29116-32-575736-8.jpg ]

【新作】ピクニック マロン 540円(税込)
フランス産発酵バターで仕立てたパイ生地で濃厚なマロンのクリームをたっぷりとサンド。栗の濃密な味わいが広がるクリーム×バターの芳醇な香りを閉じ込めたパイ生地が織りなす贅沢な味わいは、伊勢丹新宿店でしか出会えない限定のおいしさ。
クリームにはマロンのコンフィも入っていて、栗のほっくりとした食感とパイ生地のほろほろと崩れるような食感のコントラストも楽しめます。【販売期間】9月18日~10月1日(予定)
                  【販売店舗】伊勢丹新宿店

[画像7: https://prtimes.jp/i/29116/32/resize/d29116-32-780310-13.jpg ]

【新作】モンブラン オ ワグリ 810円(税込)
白くて四角い芸術的なビジュアルのモンブラン。ホワイトチョコレートのクリームの中に、黒糖と蜂蜜の上品な甘さとコクでおいしさを最大限に引き出した和栗のペーストと、さくっと軽い食感のショコラのマカロン生地が隠れています。和栗のやさしい味わい×ショコラの心地よい余韻はありそうでなかった新しい味わい。新しいおいしさを発見出来る新作モンブランは、JR名古屋タカシマヤ店限定での登場です。
【販売期間】10月1日~10月31日(予定)
                  【販売店舗】JR名古屋タカシマヤ店

[画像8: https://prtimes.jp/i/29116/32/resize/d29116-32-545060-7.jpg ]

パリブレスト オ マロン マッチャ 690円(税込)
フランス産発酵バターや小麦粉を使用した香ばしいシュー生地に、濃密な味わいのマロンのクリームと上品な渋みが特徴の抹茶のクリームを絞りました。栗×抹茶の組み合わせは和素材を巧みにフランス菓子に取り入れるアオキならでは。マロンのコンフィとヘーゼルナッツの食感も加わり秋の味わいが口いっぱいに広がります。
【販売期間】8月23日~11月30日(予定)
【販売店舗】丸の内店、東京ミッドタウン店、伊勢丹新宿店、
                        渋谷ヒカリエShinQS店
[画像9: https://prtimes.jp/i/29116/32/resize/d29116-32-321318-12.jpg ]


マロン フリュイ ルージュ 891円(税込)
日本ではあまり見かけることのない栗×赤いフルーツの組み合わせはフランス人が好むマリアージュ。栗の濃厚な味わいとフランボワーズやカシスなどのフルーツの酸味はとてもバランスがよく、アオキはこの組み合わせに生クリームとタルト生地を合わせてアオキ流のモンブランに仕立てました。毎年大好評をいただいている美味しさが今年も登場します。 
【販売期間】8月23日~11月30日(予定)
                  【販売店舗】国内直営5店舗

[画像10: https://prtimes.jp/i/29116/32/resize/d29116-32-631138-6.jpg ]

ケーク オ マロン 1,080円(税込)
マロンのペーストをたっぷりと生地に練りこんで焼き上げた重厚感のあるケーク。濃厚な栗の味わいと口当たりにバターの力強い風味が加わり、後から芳醇なラム酒の香りが鼻腔をくすぐります。
栗×ラム酒の大人な味わいに、砂糖がけのシャリシャリとした食感も重なる贅沢なひと品。
【販売期間】8月23日~11月30日(予定)
【販売店舗】国内直営5店舗
[画像11: https://prtimes.jp/i/29116/32/resize/d29116-32-663914-9.jpg ]


フォンダン オ マロン 1個430円(税込)
和栗×白餡×蜂蜜と、まるで和菓子のような素材の組み合わせの焼き菓子。小麦粉を使用せず、バターやアーモンドパウダーを加えて作るこのお菓子は、口にいれるとほろりとほどけるような食感と優しい味わいが広がります。「栗きんとんに負けない美味しさを焼き菓子で表現したい」という思いから誕生した、和栗の美味しさを存分に堪能していただける逸品。
【販売期間】8月23日~1月上旬(予定)
                  【販売店舗】国内直営5店舗
[画像12: https://prtimes.jp/i/29116/32/resize/d29116-32-891980-10.jpg ]


フォンダン オ マロン マッチャ 1個430円(税込)
和栗のおいしさをぎゅっと閉じ込めたフォンダン オ マロンに上品な抹茶の香りと苦みを加えて仕立てた贅沢な焼き菓子。
フランス菓子に使われることが珍しい和栗×抹茶の組み合わせですが、フランス菓子と和洋素材、どちらについてもしっかり熟知しているアオキが使うと驚きの美味しさを生み出します。
【販売期間】8月23日~1月上旬(予定)
                  【販売店舗】国内直営5店舗
[画像13: https://prtimes.jp/i/29116/32/resize/d29116-32-174105-11.jpg ]


マロン ヴァルカロール 1個590円(税込)
イタリア・ナポリ地方で収穫された大粒の栗を一つ一つ丁寧に砂糖がけしたマロングラッセ。大粒の栗を使用しているため、栗本来のほっくりとした食感と凝縮された旨みをダイナミックに堪能できます。栗の栽培に適した土壌を持つイタリア・ナポリは栗の産地として世界中から愛されています。
【販売期間】8月23日~12月下旬(予定)
                  【販売店舗】国内直営5店舗
[画像14: https://prtimes.jp/i/29116/32/resize/d29116-32-125249-5.jpg ]


グラス キャラメル マロン ラム 470円(税込)
濃厚なキャラメル×栗の組み合わせにラム酒を効かせた、秋の訪れを感じられる味わいのアイスクリーム。キャラメルのほろ苦さにマロンのコンフィの甘さとほくっとした食感、ラム酒の香りが重なります。それぞれの素材が強く響きあいながら絶妙なバランスを奏でるこのアイスは、一口食べると虜になってしまう美味しさです。
【販売期間】8月23日~11月30日(予定)
                   ※丸の内店のみ10月31日までの販売予定
                  【販売店舗】丸の内店、東京ミッドタウン店、渋谷ヒカリエShinQS店

※写真は全てイメージです。実物のデコレーションは全て手作業のため、写真と異なる場合がございます。
※予告なくデザイン及び仕様、販売価格、販売期間、販売箇所が変更になる場合がございます。予めご了承ください。

サダハルアオキとは


[画像15: https://prtimes.jp/i/29116/32/resize/d29116-32-683061-14.jpg ]


パリを拠点に活躍し、いま世界で最も注目されているパティシエの一人。フランス最優秀パティシエ受賞、パリ市庁賞受賞など様々な賞を受賞する経歴を持つ。2018年には「C.C.C.」によるショコラ品評会で、5年連続最高位、8年連続の受賞。現在パリに5店舗、日本に5店舗を構える。「お菓子を通して人を喜ばせること」を信条としている。

料理マスター受賞、パリ市庁賞を受賞。
「C.C.C.」によるショコラ品評会にて、「AWARD」を受賞。
2012年 フランストップ5ショコラティエ、トップ10パティシエに選出される。
2018年 フランスのショコラ愛好会の品評会にて、5年連続最高位、8年連続の受賞。

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング