AOSデータ社、「オンライン学習 夏トレ応援キャンペーン」の特典として、オンライン自動バックアップ「AOSBOX」が採用

PR TIMES / 2020年7月29日 17時40分

クラウドデータ、システムデータ、リーガルデータ、AIデータなどのデータアセットマネジメント事業を展開するAOSデータ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長 春山 洋)は、NECパーソナルコンピュータ株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役執行役員社長 デビット・ベネット、以下NEC)とレノボ・ジャパン合同会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長 デビット・ベネット、以下Lenovo)が開催する「オンライン学習 夏トレ応援キャンペーン」の特典として、オンライン自動バックアップ「AOSBOX」を採用いただいたことを発表いたします。



■キャンペーン概要
キャンペーン期間中に、対象製品のお買い上げのお客様向けの特典として、オンライン自動バックアップ「AOSBOX」が提供されます。
キャンペーン名:オンライン学習 夏トレ応援キャンペーン
キャンペーン詳細:
NEC  https://www.nec-lavie.jp/natsutore/
Lenovo  https://www.lenovo.com/jp/ja/natsutore
特典:オンライン自動バックアップ「AOSBOX(100GB)」12ヶ月無料(注1)
(注1:無償期間終了後は、期間を延長して、有償でご利用いただくことが可能です)。

■オンライン自動バックアップ「AOSBOX」について

[画像: https://prtimes.jp/i/40956/32/resize/d40956-32-895200-0.jpg ]

提供開始以来、80万人以上のお客様にご利用いただいているオンライン自動バックアップサービスです。高い信頼性を誇るアマゾン ウェブ サービス(以下、AWS)をプラットフォームとして採用。お客様のパソコンの中のデータを、インターネット上の安全なサーバーに自動で定期的にバックアップします。専用のソフトをインストールし、バックアップしたいカテゴリー等を選ぶだけで設定完了です。操作ミス、ウイルス感染などによるデータの紛失、また事故、災害などから大切なデータを守ります。  

■オンライン自動バックアップ「AOSBOX」の特長
1、自動でバックアップ
大切なデータをインターネット経由で自動バックアップします。一度データの種類やバックアップするフォルダを選択すれば、あとは操作不要です。
2、万が一の際には、データを簡単に復旧可能
バックアップしたデータは世代管理されるので、直近のデータだけでなく、誤って消去してしまった過去のデータを復旧できます。
3、常に最新状態をバックアップ!
初回のバックアップ後、2回目以降は、新規作成または、更新されたファイルのみを自動で検出してバックアップしますので、いつでも最新の状態をバックアップできます。
4、暗号化してバックアップするので安心!
軍事レベルの暗語化アルゴリズム(AES-256)とAWSテクノロジーにより、PC内、データ転送時、サーバー上の3段階で、暗号化を行い重要なデータを保護します。
5、バックアップしたファイルを共有可能!
バックアップしたファイルを特定の人に、URLで共有することが可能です。URLで共有する際は、パスワードもかけることができるので安心です。

【AOSデータ株式会社について】
名 称:AOSデータ株式会社 代表者:春山 洋
設 立:2015年4月 資本金: 3億5,250万円
所在地:東京都港区虎ノ門5-1-5 メトロシティ神谷町4F
URL: https://www.aosdata.co.jp/
AOSデータ社は、データ管理技術で知的財産を守る活動を続けており、80万人を超えるお客様のデータをクラウドにお預かりするクラウドデータ事業、20年に渡り100万人以上のデータを無くしてしまったお客様のデータを復旧してきたデータ復旧事業、1000万人以上のお客様のデータ移行を支援してきたシステムデータ事業で数多くの実績を上げてきました。AOSデータ社は、データ移行、データバックアップ、データ復旧、データ消去など、データのライフサイクルに合わせたデータアセットマネジメント事業を展開し、BCNアワードのシステムメンテナンスソフト部門では、11年連続販売本数1位を獲得しています。今後は、捜査機関、弁護士事務所、大手企業に対して、証拠データの復元調査や証拠開示で数多くの事件の解決を支援してきたリーガルテック社が行ってきたリーガルデータ事業を統合し、一層、「データアセット マネジメント」ソリューションを通して、お客様のデータ資産を総合的に守り、活用できるようにご支援することで、社会に貢献して参ります。

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング