1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

最優秀賞作品はコミカライズ確約!「BLコミック原作小説コンテスト」小説投稿サイト・ノベルアップ+にて応募受付開始!

PR TIMES / 2021年9月1日 19時15分

文字数規定なし! コミカライズ原作となるBL小説募集!!

株式会社ホビージャパン(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:松下大介)は、9月1日(水)より、WEB小説投稿サイト「ノベルアップ+」において、株式会社フューチャーコミックス(本社:東京都港区、代表取締役:石黒健太)との共同企画コンテストとして「BLコミック原作小説コンテスト」の作品応募受付を開始します。



[画像1: https://prtimes.jp/i/43799/32/resize/d43799-32-c8f2c3b54186565f2f24-0.jpg ]

2021年3~5月に開催した『乙女チック』TLコミカライズ原作コンテストに続き、フューチャーコミックス&ノベルアップ+によるコラボレーション第2弾としてBL原作小説の共同企画コンテストを実施!
最優秀賞受賞作品は『フューチャーコミックス』内レーベル『BOYSFAN』にてコミカライズ&連載確約!

募集テーマは『リーマン』『バディ』『お題フリー』、いずれかに即していれば現代ものや異世界ものといった垣根を問わず、マンガの原作となるBL小説を募集します。ヒットすればメディアミックス展開の可能性も!
ヒリヒリするような、そしてドキドキさせてくれる、あなたならではのBL作品をお待ちしております。

※受賞後、『BOYSFAN』でのコミカライズにあたり、BLコミックとして作者様と協議のうえ性描写が追加されますのであらかじめご了承ください。
※本コンテストはノベルアップ+の規約に基づき原作小説の募集を行うものであり、過激な性描写を含む、いわゆる「R-18」と判断し得る投稿作品は募集対象外となります。性行為の直接的な描写など、ノベルアップ+の利用規約に抵触する可能性がある性描写はお控えください。「セルフレイティング」に収まる範囲にてお願いします。
※その他、あらかじめ応募要項をよく読んでご参加ください。

◆募集テーマ
「リーマン」、「バディ」、「お題フリー」のいずれかに即した女性向けのBL一次創作作品。
・リーマンもの:メインキャラクターとなる二人のどちらか、もしくは両方がサラリーマンである作品
・バディもの:相棒、親友など二人で一つとされるコンビがテーマの作品
・お題フリー:上記に該当しないBL作品
※二次創作の作品は応募できません。

◆コンテストスケジュール
選考状況は都度サイトにてお知らせいたします。
・応募受付開始 2021年9月1日(水)12:00:00
・応募受付終了 2021年11月30日(火)23:59:59
・一次選考 2022年1月下旬予定
・二次選考 2022年2月下旬予定
・結果発表 2022年3月下旬予定
※応募作品数により、日程は変更となる可能性がございます。あらかじめご了承ください。

◆表彰
・最優秀賞(1作品を予定)
賞金:30万円・『フューチャーコミックス』内レーベル『BOYSFAN』にてコミカライズ&連載

・優秀賞(1作品を予定)
賞金:20万円・コミカライズ検討

・入賞(1~4作品を予定)
賞金:10万円

※それぞれ該当作品なしの可能性もございます。

その他、詳細はコンテスト特設ページにてご確認ください。
◆コンテスト特設ページ
https://novelup.plus/event/boys-fan/

◆BOYSFAN公式サイト
https://boysfan.jp/
[画像2: https://prtimes.jp/i/43799/32/resize/d43799-32-b1eb4c089272b2fad8c3-1.jpg ]

◆ノベルアップ+とは?
ノベルアップ+は2019年7月18日に正式オープンした株式会社ホビージャパン運営のWEB小説投稿サービスです。みなさんのおかげで公開中の総投稿作品も45,000件突破!

コンセプトは「ユーザーみんなで作品を応援して育てていけるサービス」です。投稿作品は会員・非会員問わずどなたでも読むことができ、会員の方は作品の投稿のほか、他ユーザーの投稿作品に対してコメントやスタンプを使って応援することができます。※会員登録は無料です。

◆サイト&Twitter公式アカウントで最新情報をチェック!
「ノベルアップ+」サイト
https://novelup.plus/
「ノベルアップ+」公式Twitter
https://twitter.com/Novel_Up_plus/◆選考予定部門
選考では総合的に選考条件に対して評価が高いと判断した作品を最優秀賞とし、別途以下の部門別に優れている作品を表彰する予定です。

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング